ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

9時になりました

 

 

konnbannwa, 

さっきまでCOD4オンラインバトルやってたユーや・ペンギンです。

今日はほぼ全体的に落ち着いて敵を撃破できてたみたいです。相手3人、オレのチームが4人だったからってのもあるかもしれません。


Kamen Rider Wizard Logo.pngGobuster title card.png
明日ウィザードとごーバスターズだけど見ない&録画しないと思います。たぶん。、
 

おまけ

【主張】党首討論会 国家観をもっと前面に 原発再稼働をなぜ語らぬか

2012/12/01 03:22

 

 

 4日公示の衆院選を前に11政党の党首が参加する党首討論会が開かれ、国のかたちにかかわる憲法や外交・安全保障をめぐる議論が活発にかわされた。

 3年余にわたる民主党政権下で毀損(きそん)された国家をいかに立て直すかが問われている。その処方箋はいまだ不明確であり、国民が判断を下す選択肢になっていない。

 各党は中国が奪取を狙う尖閣諸島をどうやって守り抜くか、デフレからどう脱却するかなど、具体的に実効性ある方策を提示する責務がある。何よりも国家観が求められる選挙戦であることを深く認識してほしい。

 ≪憲法改正を結集の軸に≫

 注目したいのは、現行憲法について「日本を衰退させた原因」と指摘した日本維新の会の石原慎太郎代表が、衆院選後の政権の枠組みづくりに関連して「自民党公明党と連立するかぎり、自民党には期待できない」との見解を示したことだ。

 その理由について石原氏は「公明党憲法を大幅に考え直すことに同意しないからだ」と指摘した。

 自公両党の違いは、自民党が4月の憲法改正草案に盛り込んだ「国防軍」の保持について公明党の山口那津男代表が「定着している自衛隊の名称を変える必要はない」と発言したことで一段と鮮明になった。