ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

 24日午後、関東地方の広い地域で大気が不安定になり、東京都三鷹市調布市の一部でひょうが降った。 三鷹市中原で工務店経営する男性によると、ひょうは午後2時半ごろから20~30分間降り、窓ガラスが割れ……
≫続きを読む
≫このニュースに関連のあるブログ記事を探す
積雪のような大量のひょう 農作物被害もこんばんわ、サッキマデ漫画読んでたゆーやペンギンです。腹減ってきた。ちなみに漫画はアンソロジーコミックです。KOFの。今日、東京三鷹で票がいっぱい降ってきたらしいです。ブルドーザーが出動するほど多かったみたいです。幸いけが人はいなかったけど、一歩間違ってたら死亡も免れなかった?そしてこれは地球温暖化の影響?
 
積雪のような大量のひょう 農作物被害も
6月24日 18時18分
 
 
特定秘密保護法が多方面から反対の声を上げる中での公布となったが、同法に対して、思わぬところからクレームが出ている。それは海外で証券取り扱ってるアナリストだった。そしてアナリストはこう言った。
 
「私たちは日本の政府や新聞の情報を信頼していません。なぜなら、例えば日本を代表する全国紙は重要な話を隠蔽するからです。記事を読めば、すぐにそれがわかります。(中略)とてもおかしいと思うのは、大事なことを日本の国民に伝えていないのに、海外向けの英字版にはちゃんと記事が出ていたりすることです。それをもとに外国のメディアが追加取材して報道したら、それを逆輸入するかたちで国内に報道する。これはとてもおかしな話で、やり方がずるいと思います」
 
さらに同氏は、秘密法が海外企業・投資家の“日本離れ”を加速させる懸念を次のように指摘する。
 
「国家として秘密保護法は必要だと思いますが、記者や国民が捜査や取り締まり、逮捕の対象になる可能性がとても高い。政府が国民に隠している情報を暴露した記者が、逮捕されて有罪になる法律など、私の国にはありません。以前、米国雑誌の特派員が『日本の行き過ぎた秘密保護法で、外国人投資家は日本市場への投資をリスキーだと判断するだろう』と話していました。報道の自由が制限されれば、市場関係者に中立で客観的、正確な経済情報が届きません。
 (中略)その情報が信頼できなければ分析などできませんから、投資家にも伝えられないのです。そういう懸念の声が市場関係者の間でも上がっています。これから先、日本の株価が心配です」
 
アホ総理(安倍総理)にとっては秘密保護法が致命傷になる?そしてアホ総理(安倍総理)政権が終焉を迎える?
 
秘密保護法、海外投資家の「日本離れ」加速、株価下落の懸念、市場関係者間で広がる
文=藤野光太郎/ジャーナリスト
 
月刊ガンダムエース
おやすみなさい

f:id:davidsunrise:20140512222749g:plain

アニメディア33周年記念号、そろそろ買わなきゃな。ガンダムエース13周年記念号もほしいが。