ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

友達作戦

US Navy 110315-N-IC111-121 Naval Air Crewman 2nd Class Zack DelCorte hands bottled water to a Japanese citizen.jpg東北大震の際、アメリカ軍による救出作戦、通称「友達作戦」・この作戦が行われて5年。統合幕僚監部の小野塚貴之防衛計画部長は「日本国民は日米同盟の絆の象徴として、米国の支援を愛情を込めて覚えている」と当時を振り返った。ほめ過ぎてない?

 

news.goo.ne.jp

9条改憲をめぐって安倍晋三首相が国会で踏み込んだ発言を繰り返している。先日の衆院予算委員会では、改憲によって集団的自衛権の行使を全面的に認める必要性に言及した。

 安全保障関連法は集団的自衛権の行使を「限定容認」した。それがまだ施行されてもいない段階で全面容認を口にする。自衛隊の活動を拡大し、改憲への地ならしを進めるつもりではないか。国会で重ねてただす必要がある。

 (中略)

 自民の草案は「戦争放棄」を残す一方、「自衛権の発動を妨げるものではない」と明記し、「国防軍」の保持を打ち出している。集団的自衛権憲法の制約なしに行使できる。

 安保法では、他国への武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされる明白な危険があるときに集団的自衛権を行使できる。曖昧な要件とはいえ、さらに「限定的」の縛りが外れたら、どうなるか。米国の要請を受け、海外で戦争に加わることも考えられる。

(中略)

 安保法の問題点は、それ自体の違憲性だけにとどまらない。9条改憲につながる危険性をはらんでいる。このまま施行し、憲法違反の既成事実を積み上げさせるわけにはいかない。野党は、廃止法案も足掛かりにして政府与党に繰り返し迫るべきだ。

(3月3日)

 

www.shinmai.co.jp

 

会見すべきだと思ってるのか国民は!”?