ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

おはようございます

日本の核燃サイクルに対して、米国務省のカントリーマン次官補が米上院外交委員会で、「合理性はない」と証言した。
日本が六ケ所村で稼働を目指す再処理工場について、核不拡散の観点から懸念を示し、「いかなる国においても再処理に経済的な合理性はなく、核セキュリティーと不拡散上の心配を強めるものだ。米国は支援しないし、奨励もしない」と明言。
「すべての国が再処理事業から撤退すれば非常に喜ばしい」とも言った。

韓国も中国も日本をマネて、核燃サイクル事業を始めると、プルトニウム温存の言い訳に使われるし、アジアで核兵器開発のドミノ倒しが起こると懸念しているのだろう。
実際、日本の自称保守派が核燃サイクルを諦めないのは、核兵器を持ちたいという野望に基づいているからだ。
わしも核兵器を持たなければ、米国の傘の下に入るしかなく、真の自主独立にはならないと考える。 

だが、核燃サイクルは現実的にもう不可能であって、米高官が言うように、「経済的な合理性はない」のだ。
未練がましく無駄なカネを見果てぬ夢に注ぎ込む余裕などない。 

(中略)

喫緊に考えるべきは、核燃サイクルが破たんしている以上、核のゴミをこれ以上、増やすべきではないし、まず日本版オンカロを作ることから始めるしかない。
トイレのないマンションは作れない。
これは子孫に対するマナーである。

 

blogos.com

 

一応本音はどっち?