ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

おはようございます

報道の自由度ランキングで、日本が72位ということは、報道で知っていたが、今朝の朝のワイドショーで、初めて韓国が70位ということを知った。

それはない!
反日」しか許されない韓国、「親日」的な言動や歴史観表明すると、罪人扱いされる韓国が、日本より報道の自由度が高いという分析は、まったく間違っている。

「中略」

だが、それでも、わしは日本の報道の自由度は下がっていると思っている。
国防において、国家機密があるということは容認せざるを得ないかもしれないが、それをジャーナリズムが暴くということはあってもいい。
特定秘密保護法はそのへんの許容度が怪しいし、国民を「何が秘密かわからない」という状態に置く危険性を、わしは大いに危惧する。
「つんぼ桟敷」のままでは、国民は権力にどこに導かれるのか、わからない。
わしは全権委任するほどには、権力を信じていないのである。

この「つんぼ桟敷」という言葉も「差別語」とされ、報道では許されないのだから、自由度が下がっているのは当たり前だ。
言葉狩りという検閲がどんどん進んでいくのは、まさにマスコミによる言論の委縮である。
「中略」

マスコミ組織人は、リベラル大衆が下から突き上げる抗議やバッシングにも弱いし、権力が上から圧を加える恫喝にも弱い。
「報道ステージョン」が局アナという組織人をキャスターにして、後藤謙次という安倍晋三と会食する御用評論家をコメンテーターに使いだした時点で、わしは「屈したな」と見ている。

日本の報道の自由度は低下している。
いつかこのことが日本にとって大きな災いにならないことを祈るばかりだ。

 

blogos.com

 

日本どころか世界にとっては大きすぎる災いといったほうがいいと思う。