読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

生前退位議論スタート

今日はグラウンド練習してました。いつものグラウンド「1週250m)走りました「30周」。最初の10週、左足と左足の裏が力みすぎてぎこちなかったです。多少飛ばせてたけど。その後力みもなくなってほぼ軽やかな走りになってました。最後の6週は飛ばしてたけど・コーチにその話したら同じ足前に出してないか?って言われた。そういや今日農作業だったな。覚えてないがたぶん同じ足前にだしてたかも?あと、内また過ぎてたともいわれた。そのせいでいつもの子^-スの1周目のタイムが17分切れてなかったのはそのせい>?

 

有識者会議、生前退位の論議スタート=制度化など8項目検討

生前退位の意向をにじませた天皇陛下のお気持ち表明を受け、政府が設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は17日夕、首相官邸で初会合を開いた。生前退位は現行制度で想定されていないため、会議ではその是非や法制化など8項目を軸に検討を進めることを決めた。

 初会合には安倍晋三首相が出席し、「陛下が82歳とご高齢であることも踏まえ、どのようなことができるか、専門的な知見を有する方々の意見も伺いながら静かに議論を進めていきたい」と表明。「予断を持つことなく十分審議し、国民のさまざまな意見を踏まえて提言を取りまとめてほしい」と要請した。

 (中略)

 また、会合は非公開とする一方、国民的な理解を促すため、終了後に座長か座長代理が会議内容を明らかにし、1週間後をめどに議事概要を公表するなどとした運営方針も確定した。

 政府は陛下の年齢を考慮して速やかに議論を終えるため、今の陛下に限って退位を認める特例法案を来年5月の大型連休明けにも閣議決定し、国会に提出。通常国会で成立を図るスケジュールを想定している。 

なぜ非公開?公開しろよ!!

news.goo.ne.jp

 

北方領土返還解散」への号砲が鳴った。「選挙の風はもう吹き始めている。準備に取りかからない人がいれば論外だ」──二階俊博自民党幹事長はそう檄を飛ばし、10月19日から当選1~2回の若手議員約120人を対象に「選挙勉強会」を開くことを決めた。後援会の強化から有権者との握手の仕方まで一から鍛え直すためだ。同党の2回生議員は気を引き締める。

「派閥の幹部から、『過去2回の選挙は実力ではなく風で当選した。次こそが正念場だと思え』ときつく言われて後援会回りを始めた」

 本誌は安倍晋三首相が12月の日露首脳会談で北方領土の2島先行返還で合意し、その外交成果を掲げて1月解散に踏み切る準備を進めていることを報じた(前々号)。

 内政でも、選挙をにらんだ露骨な政策転換を行なった。「女性活躍社会」を掲げる安倍政権は年末の税制改正配偶者控除(年収103万円まで非課税)を廃止する方針を打ち出した。ところが、全国1000万人ともいわれる“パート主婦”の反発が強いとわかると、今度は配偶者控除を逆に150万円程度に引き上げる方向に転じた。1000万票をガッチリつかもうとするわかりやすい作戦だ。

 (中略)

 選挙が近くなれば不人気政策には箝口令が敷かれる。1月解散が既定路線になっていることがはっきりわかる“失言劇”だった。

 野党側は完全に後手に回っている。民進党蓮舫・代表は「与党から衆院解散をという非常に不見識な発言も出ている。いつ何があってもおかしくない。態勢は整えていきたい」と来年1月に予定していた党大会を自民党同様に3月に延期し、「選挙日程」を空けたものの、出遅れは否めない。

週刊ポスト2016年10月28日号

www.excite.co.jp

www.news-postseven.com

 

今のところ与党が有利?それとも後手に回ってしまった野党のほうが有利?どっちだ?