読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

おやすみ

ジョギングしてました。ダンベル持ちながらじゃなかったおかげで久しぶりにほぼ完全に死ぬ気で走れました。でもその分疲れた!おかげで2週目途中リタイアになりました。距離3.8k、タイム16:56.明日は忘年会でお休みなのに1週で終わち待った!

 

 昨年末、NexTV-F(次世代放送推進フォーラム)の会合が開かれ、4K放送の規格が策定された。ところがこの規格書の中に「4Kは録画禁止」とも受け取れる記述があり、放送の未来が大いに揺れている。かつての「コピーワンス」よりもさらに深刻な今回の事態について、12年前「コピーワンス反対!」と吼えた麻倉怜士氏がその危険性に警鐘を鳴らす。

(中略)


――今回は年始早々に明るみに出た、4K放送の録画に関する問題について考えたいと思います。そもそも今どういう問題が出ているんでしょうか?

麻倉氏:ではまず、今回のテーマについて説明しましょう。昨年末に開かれたNexTV-F(次世代放送推進フォーラム)の「サービス要件検討ワーキンググループ」(民放、メーカー各社の代表者で構成)にて4K、8K放送の規格が話し合われたのですが、その際に民放局が提案した「コピーネバー運用への対応願い」が問題なのです。1月にオーディオビジュアル系の専門サイトが相次いで報じ、ネット上で話題になりました。

 ワーキンググループの成果として12月25日に1000ページ以上ある長大な書類として発表された「広帯域衛星デジタル放送運用規定ver1.0」が発表されました。今後のBS波を使う4K、8K放送の規格書です。このうち、923ページの「コピー禁止に関する運用」が問題になっているのです。まず現状の確認ですが、これまでの2Kの無料(広告)放送、月極などの有料放送では放送局がコピー禁止を運用できないものとして定められていました。ユーザーが録画機器を使って放送をコピー、つまり録画することはアナログ時代から権利として認められています。これは著作権法30条1項の「私的利用のための複製する権利」の行使ですね。

――今現在私達が当たり前のように行っている録画行為の法的根拠ですね。

麻倉氏:ですが、件の資料によると、4K放送ではここの欄が「T.B.D.」(To Be Determine:検討中)となっています。つまり今後の成り行き次第では「コピー禁止の運用が可能になる」という可能性が出てきたのです。これは理論的には「ある番組はコピー可能、別の番組ではコピー禁止」という運用になることを意味します。

ts_copynever_enma01.jpg「広帯域衛星デジタル放送運用規定」ver1.0の923ページから抜粋。今回問題になっている、4K放送においてコンテンツ保護に関する運用規定を定めた早見表。Ver1.0の正式規格書であるにもかかわらず、未だにT.B.D.という表記があり、いかにこの部分の論議が紛糾しているかがうかがえる

――例えばテレビ朝日が「報道ステーションは録画してもいいけど、その前に放送しているドラマやミュージックステーションは録画禁止ね」といったことになるかもしれない、と?

麻倉氏:いえ、実際問題として1度コピー禁止に決まったら、その運用が固定される可能性が非常に高いでしょう。現在のダビング10でも、仕組みとしては「コピーワンス」を番組によって与えることも可能ですが、現実にはすべての番組がダビング10で運用されています。放送局は、放送の仕様をいちいち番組毎に変えるのは放送事故のもとになるという理由から、これを非常に嫌います。なので、いったん「運用が可能」となれば、実際はすべて録画禁止になる可能性が極めて高いといえましょう。コピー禁止に「できる」はコピー禁止に「なる」と同義であると考えるべきです。

――つまり建前上はコピーの可否が放送局側で決められるけれど、実際は全ての4K放送が録画禁止となってしまうという訳ですよね? 21世紀の日本で、録画のできない放送が幅を利かせる? そんなバカな……。

 
(中略)
 

麻倉氏:複数の関係者の話を総合すると、今回の話に至ったのは 1)私的録音録画補償金制度が裁判で敗訴となり、録画機や録画メティアからの収入源が完全に断たれ、補償金が入らなくなった(今回の録画禁止の提案は、民放連、日本映画製作者連盟、日本音楽事業者協会の3者連名である)。 2)これまで電機メーカーとの間で、CMスキップなどの問題でもめていたが、「ユーザーの利便性」のもとにいつも押し切られていて悔しいという思いがある。 3)今回、とにかく「録画禁止」の運用をメニューだけに入れたい。使う権利をとっておきたい……という意識が強いことが分かりました。

――そうだったのですか。やはりここに至るまでの長い因縁というか、そういったものが背後にあるんですね。ですがそうなるとますます「放送局は一体誰のために放送をしているのか」という思いが強くなります。私的録画補償金に関して「Culture First」という理念を提唱した団体がありましたが、あれにも一言付けさせてもらいますと「コンテンツを創るのが文化であるならば、コンテンツを消費するのも立派な文化だ」ということを考え直すべきでしょう。創造の文化と消費の文化は車の両輪で、一方が欠けてしまえば必竟もう一方も滅んでしまうものですよ。保証金の問題はそのあたりを完全に忘却していて、だからこのような現状になっているのではないでしょうか。

 そういった観点で放送と視聴者の関係を見てみると、やはり“歪”(ひずみ)であると言わざるを得ませんね。先程から度々確認していますが、今の放送はタイムシフトをしているからこそ見ている人が居るわけで、リアルタイムで見ている人+タイムシフトで見ている人が実際の視聴者になります。そして現状はタイムシフトが非常に多くなっているので、タイムシフトできないとなると、広い意味で放送を聴取する人が激減するでしょう。

麻倉氏:誰も見ない4K、8K放送こそ、資源の無駄の極みですね。話を4K放送に戻すと、新しい放送というものは全員がすぐに飛び付くわけではなく、(映像技術や映像文化に対しての)意識が高いアーリーアダプター層が主な視聴者です。そういう人ほどタイムシフトを使うでしょう。

ts_copynever_enma06.jpg私的録画補償金に関する政策提言などを行う事を目的とした権利者団体連合「カルチャー・ファースト」。アナログチューナー非搭載レコーダーに関する東芝と私的録画補償金管理協会(SARVH)との裁判に決着が着いた2012年以来、大きな動きがない。団体は「はじめに文化ありき」としているが、アメリカが国民のライフスタイルが証明したとおり、より便利で良いモノを消費するという生活も立派な「カルチャー」である。創作活動はもちろん保護されるべきだが、「カルチャー・ファースト」という言葉に従うならば、創作を自由に消費する生活スタイルも当然保護されるべきだろう

――その一方でリアルタイム放送の価値というのがあるのは間違いないと思うんです。例えば日テレの「金曜ロードショー」で「天空の城ラピュタ」を放送した時に、物語の後半で滅びの呪文「バルス」を唱えるタイミングで一斉にバルスをツイートする、いわゆる「バルス祭り」がネット上で非常に盛り上がったりします。この動きは米Twitterも注視しており、2013年の放送時は瞬間ツイート数の世界記録を更新したりもしました。これなどはリアルタイムの価値を如実に表すものですね。しかし普通の放送の多くには、残念ながらリアルタイムの価値があまりないんです。

麻倉氏:リアルタイムの話は確かにあって、例えば事故や台風等をはじめとしたニュースの実況や、サッカーや野球等のスポーツ系をはじめとしたイベントを生中継するとか、そういった際にはリアルタイムの価値は確かに出てきます。でもこれらは「ある特殊な番組」であって、殆どの番組は「絶対にその時間に見なければ価値がない」ものではありません。スポーツだって別にリアルタイムで見なくても結果を知ることはできる訳ですから。

バルス祭り」のような事例は非常に例外的で、逆にいうとTwitterで皆が視聴体験を共有できるのはリアルタイム放送の瞬間だけですね。ですがこれはTwitterにとって重用なことであって、テレビ側としてはそういう問題ではないのではないでしょうか。

――僕としては、放送局がどうしても視聴者にリアルタイムで観てもらいたいと言うならば、そういうコンテンツをテレビ局自身が作るべきだ、と思う訳です。例えそれがもし放送以外の部分だとしても、そのサービスやコンテンツの結果として放送を見る人が増えたのならば、そういった部分も放送局がちゃんと開発するべきでしょう。

 スポーツにしても、結果だけを後から確認することは簡単です。ですがスポーツを観戦する人は、リアルタイムで生まれる筋書きのないドラマを目撃することに楽しみを感じるわけですよ。連ドラにだって悶々としながらも次の展開の想像を1週間巡らせるという楽しみがリアルタイム視聴にはあります。この場合は「リアルタイム」の期間が幾分長いですが、それにしても後から情報を追いかけたりVODでイッキ見をしたりしていては絶対に味わえないもので、それこそがリアルタイムの価値だと思うんですよね。

 加えて言うならCMだって工夫の余地は充分にあります。例えば4コママンガを主力とする一迅社という出版社のCMは非常に工夫されていて、自社作品がアニメ化された時のCMは何とアニメキャストが週替りで毎週新しいCMを放映するんですよ。正確に言うと映像は同じでナレーション音声のみが毎週変わるのですが、同じナレーションのCMは2度と放映されません。このお陰で一迅社のCMは「例え録画で飛ばせるとしても」毎週必ず観たいと思わせるものになっています。

 一般に知られているCMでも、例えば缶コーヒーBOSSの「宇宙人ジョーンズ」シリーズや、昔話をモチーフにしたシュールでコミカルなauの「桃ちゃん」シリーズなどは、単発ではなくCMをドラマのようにシリーズ化することで、視聴者に積極的かつ継続的に観てもらえるような展開の工夫をしています。番組であろうとCMであろうと、視聴者が面白いと思ったものはちゃんと観てもらえるんですよ。どんなものを放送しようと、評価をするのはあくまで視聴者なんだから、やっぱり放送は視聴者に観てもらえるものをまず作るべきですよ。

 テレビ局がテレビ放送の事だけを考えていれば良い時代はもうとっくの昔に終わっちゃっているんです。放送は放送でするべき努力がまだまだ山とあるのに、そういった努力をせず安易に放送を録画禁止にして、リアルタイム視聴を強制するようなやり方はどう考えても間違っています。卑怯だとさえ思いますね。

麻倉氏:随分と長くしゃべったね。でも君は鋭い。次回から私の代わりをやりなさい(笑)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

放送を殺す「4K放送コピー禁止」の危険性 (1/5)
昨年末、NexTV-F(次世代放送推進フォーラム)の会合が開かれ、4K放送の規格が策定された。ところがこの規格書の中に「4Kは録画禁止」とも受け取れる記述があり、放送の未来が大いに揺れている。麻倉怜士氏が警鐘を鳴らす。
[天野透,ITmedia]

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1603/07/news106.html

 

抗議せよテレビ局のやり方(4k8k録画禁止システム」に!