ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

騙されてることに気付こうぜ!



知識より数、愚の安倍政治!


この国の民主主義は死んでいる
すでに日本は全体主義の風潮との指摘もある
目くらましペテン政治に騙され続け、権力の横暴に飼いならされた結果、異様な集団になりつつある国民の悲喜劇

内閣支持率60%超のカラクリと謎解き
日刊ゲンダイ)2016年12月10日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/195498

この国の民主主義は死んでいる内閣支持率60%の謎

 テレビ中継を見ていた国民は思わずのけぞったのではないか。7日に行われた今国会初の党首討論衆院内閣委員会で、わずか5時間半の審議時間で強行採決された「カジノ法案」について、民進党蓮舫代表が「どこが成長産業なのか」と迫ると、安倍首相は少しも悪びれた様子も見せず、こう言い放ったのだ。
議員立法の法案で)内閣提出法案ではないから、私は説明の義務を負っていない
 おいおい、ちょっと待て。何をスットボけているのか。カジノを「成長戦略」の本丸に位置付けていた“張本人”は、安倍政権だったのではないか。党首討論安倍は2014年5月にシンガポールのカジノ施設を視察した時の感想を語っていたが、当時、視察を終えた安倍は記者団に「外国人観光客を2020年までに年2000万人へ倍増させたい。(カジノを含む)IRは成長戦略の目玉になる」とハッキリ言っていた議員立法であろうが何だろうが、「成長戦略の目玉」であるならば、安倍には説明する義務があるだろう。
 まっ、国会答弁で度々、「国民に丁寧に説明」とか言いながら、一度も丁寧に説明したことがない男である党首討論のデタラメなやりとりも、ある程度は予想できた。

国の民主主義は死んでいる内閣支持率60%の謎_2

 とはいえ、その安倍の首相在任期間が中曽根元首相を上回る戦後歴代4位になり、60・7%の内閣支持率(11月、共同通信調査)を維持しているのは奇々怪々だ。