ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

沖縄の米軍普天間基地の移設について、日米首脳会談の共同声明に「辺野古が唯一」と盛り込まれた。先に来日したマティス国防長官と稲田防衛相との会談で確認されたものが、そのまま共同声明となったわけだ。  ただ、大メディアの報道を見ると、米国がさも「辺野古」を望んでいるかのように思うが、実態は怪しい。というのも、4日の共同記者会見での稲田防衛相とマティス国防長官の言葉遣いが微妙に違うのだ。 ▽稲田 私から、普天間飛行場の一日も早い移設と返還を実現する必要がある旨お伝えし、マティス長官とは辺野古への移設が唯一の解決策であり、引き続き協力することで一致いたしました。 ▽マティス 普天間の移設先の施設を整備する努力を続けることに合意いたしました。これは現在の海兵隊普天間飛行場をアメリカが日本に返還する唯一の解決策であります。 2人とも「唯一」とは言っているものの、マティスは「辺野古」の「へ」の字も言っていない。  沖縄の民意は「辺野古の新基地建設に反対」で変わらず、米国は沖縄で反対運動が続いていることを知っている。普天間基地返還の日米合意を主導したジョセフ・ナイ元国防次官補ですら、かつて琉球新報の取材に「沖縄の人々の支持が得られないなら、米政府はおそらく再検討しなければならないだろう」と言い、アーミテージ元国務副長官も「日本政府が別のアイデアを持ってくれば、私たちは耳を傾ける」と発言していた。辺野古にこだわっているのは、米国ではなくむしろ日本政府なのだ。 「中略」  安倍政権のままでは沖縄県民は永遠に報われない。

 

安倍政権が米国誘導 日米共同声明「辺野古が唯一」の実態 2017年2月14日

www.nikkan-gendai.com

この真実(安倍政権がアメリカを辺野古工事容認へと導いた)を拡散せよ!そして朝日よ!!この真実を取り上げろ!!