読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

www.jprime.jp

4月6日から衆院本会議で審議入りした「共謀罪」法案。共謀罪を取り締まる際、日常的な監視が必要になるのは、先の記事「PTAママや会社も犯罪集団に!? 共謀罪でスマホやSNSまで監視され放題」で述べたとおり。そこへひと役買いそうな仕組みがすでに日本中、24時間体制で張り巡らされている。それが監視カメラだ。

「歌舞伎町や渋谷など繁華街を中心に警視庁が管理する195台のほか、警察庁は全国に1373台の直轄カメラを設置しています。主要道路にある自動車ナンバー読み取り装置『Nシステム』は1000台以上、民間レベルでも商店街やコンビニ、ATMと、総数は計測不能と言われるほど膨大です」「中略」

 

「人々の自由な活動に踏み込んで、よからぬ形で規制や抑制を加えていこうとする動きは、2020年の東京五輪を前に、より強まっています」

 “自由”と“安全”が天秤にかけられる社会。監視網の発達によって、肝心の犯罪は減ったのだろうか?

 田島教授は「これまでの社会科学的なデータからは、犯罪が減ったことを示す明確な証拠は見られません」とキッパリ。「特にテロの場合、強固な政治信条を持つ人物にとって、カメラに映るからどうという話ではない。それよりも現状に共謀罪が加わることで「中略」情報が乱用されていく危険性のほうが大きいと私は考えます」

 

監視カメラで犯罪が減った証拠なし「乱用されていく危険性のほうが大きい」

週刊女性2017年4月25日号

2017/4/16

 

http://www.jprime.jp/articles/-/9484

 

この記事見たらすぐ「共謀罪にあえて反対する!」メール送らずにはいられない!それができない奴は政府の犬兼クズ決定じゃ!!

 

「隣組」に密告され?父は3度も警察へ 半藤一利さん:朝日新聞デジタル

政府に犬は呪い頃されろ!

2017/04/19 23:46