ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

www.asahi.com

 

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が11日、施行された。実行前の犯罪を処罰できる一方で、「内心の自由」を侵す懸念もあり、戦前・戦中の治安維持法と似ているという指摘もある。いつか来た道をたどるおそれはないのか。異なった意見を持つ研究者2人に聞いた。

 

 《無理やりに質問全部終了》《反対の叫び空しく 治安維持法けふ生る》《社会運動が同法案の為抑圧せられる事はない――警視庁は語る》

 いずれも治安維持法が成立した1925年の朝日新聞の見出しを、今の漢字で書き改めたものだ。ネットでは「『共謀罪』と同じ」「歴史は繰り返す」といった驚きの声が広がる。

 治安維持法についての著書がある中沢俊輔・秋田大准教授(日本政治外交史)は、同法と「共謀罪」法との共通点について①特定の目的を持つ団体が対象②治安維持法ロシア革命、「共謀罪」法は国際組織犯罪防止条約といずれも国際的要因がある③廃案になった過去を踏まえ法案を修正したと指摘する。

 治安維持法は当初、「国体の変革」「私有財産制度の否認」を目的とした結社を禁じたが、その後の改正で対象が拡大。その結果、最大で年間約1万4千人が検挙されるなど思想弾圧に利用された。

 中沢准教授は「治安維持法が『思想』を摘発したのに対し、改正組織犯罪処罰法はあくまでも『犯罪』が対象。本質的に異なっており、簡単に『歴史は繰り返す』とは言えない」と強調しつつ、拡大適用を防ぐ必要はあるとして「対象となる277の罪の絞り込みなどの議論は今後も続けていくべきだ」と話す。(岩崎生之助)「以下略」

無理やり質問終了…「共謀罪」と治安維持法、似ている?:朝日新聞デジタル

確かに偶然にしては出来すぎてる!共謀罪治安維持法の内容が。歴史は繰り返す…ただし、多少異なる形になるかもしれないが。

 

 

 

ジョギングしました。登り坂はダッシュしたけどそれ以外はほぼ鈍足状態でした。父ちゃん見かけたけど抜けんかった。やっぱ走ってなかった影響?

 

寝ますね