ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

植草一秀版選挙論

 

               植草一秀の『知られざる真実』」

                             2017/07/21

          稲田防衛相と山本地方創生相はほぼ完全にアウト!

           第1799号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017072107000040118
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-40710.epub
────────────────────────────────────
政治を変えるために一番大切なプロセスは選挙である。

選挙で勝たないと政治を変えることはできない。

世論調査で安倍政治を支持するものが20%台で、安倍政治を支持しない者が
50%台になっても、それだけでは政治は変わらない。

選挙で結果を出さないと政治は変わらないのだ。

権力は選挙の際にマスメディアを総動員して情報を誘導する。

正確に言えば、情報を歪める。

この情報に流されてしまうと、民意とは異なる選挙結果が生まれる。

第2次安倍政権が誕生した2012年12月以降に実施された選挙では、マス
メディアが情報空間を歪め、選挙結果を歪め続けてきた。

その結果の惨状が現在の日本政治である。

安倍政治の大罪、安倍政治の欺瞞に、ようやく日本の主権者の多くが気付き始
めている。

安倍首相の政治私物化は本当にひどい。

ロッキードリクルートなどの政治腐敗が取り沙汰されてきたが、安倍政治は
政治全体が汚濁の塊になっている。

その氷山の一角が、森友・加計・山口のアベ友三兄弟疑惑である。

常識のある人間なら、すでに首相を辞任しているだろう。

しかし、安倍晋三氏に常識は通用しない。

常識外の不見識が安倍氏を支配しているからである。



森友・加計・山口の巨大疑惑が白日の下にさらされた以上、できることはただ
ひとつ。

主権者の前に出て、誠心誠意、説明することだ。

真摯な姿勢で事実を説明する以外、理解を得る道はない。

ところが、安倍氏はその現実に向き合おうとしない。

逃げるのみである。

しかし、問題から逃げて、問題を解決することができるわけがない。

人間の器量の問題である。

この安倍政治を主権者が見限った。

だから、安倍政権が倒壊するのは時間の問題である。

カウントダウンが完全に始まっている。

この流れを確実にするには、主権者の行動が必要不可欠である。

7月2日の東京都議選で、東京都の主権者が行動し、安倍自民を大惨敗させ
た。

この流れを絶やしてはならない。

7月23日には、仙台市長選が投票日を迎える。

翌週の7月30日には、横浜市長選が投票日を迎える。

この選挙で自公候補を落選させ、主権者候補をなんとしても勝利させなければ
ならない。



仙台は事実上、民進と社民が支持し共産と自由が支援する前衆議院議員の郡和
子氏と、自公が支持する菅原裕典氏との一騎打ちの状況にある。

最大の焦点は、国政に対する主権者の審判が、この市長選にどのように反映さ
れるのかである。

昨年7月の参院選では、野党共闘候補の桜井充氏が激戦を制した。

昨年7月の参院選では、北海道、秋田を除く東北、新潟、長野、山梨、三重、
大分、沖縄で野党陣営が勝利した。

野党陣営が勝利した地域の面積は日本全土の45%だった。

与党陣営が勝利した地域の面積は46%で、面積では、与党と野党が完全に互
角の戦いを演じたのである。

安倍政治に対する主権者の批判が急激に拡大するなかで、仙台市長選でも安倍
陣営敗北を実現できるか。

これが最大の焦点である。

7月20日付朝日新聞地方版は、仙台市長選4候補中

自民党政治反対」

を表明したのは郡和子候補だけだと伝えている。

仙台市長選の最大争点は、安倍政治=YESか、それとも安倍政治=NOか、
ということになっている。

仙台市の主権者は、必ず投票所に足を運び、自らの意思を清き一票に託して、
投票しなければならない。

主権者のこの行動の積み重ねによってしか、現実政治は変わらない。

仙台市の主権者の積極的な行動、冷静な判断が強く求められている。「以下略」

foomii.comイメージ 1

f:id:davidsunrise:20170721225311p:plain