ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

護憲派と対米追従どもへ

www.gosen-dojo.com

今の憲法は事実上、わが国の個別的自衛権そのものを制約している。

その結果、戦後ずっと「我が国の防衛には
米軍の力を絶対的に必要としている」(安倍首相)
という情けない状態が続いている。

ならば「絶対的に」アメリカの言いなりになるしかない。

ところが、アメリカは周知の通り極めて好戦的な国だ。

冷戦期には、アメリカは日本の地政学的価値に配慮して、
戦争協力に一定の歯止めを認めざるを得なかった。

しかし、今は違う。

アメリカにとって日本の“値打ち”は遥かに下落した。

だから安倍政権は、存在感を弱めるアメリカに、
必死にしがみつこうとしている。

安保法制はまさにその為。

更に、近くはトランプ父娘来日時の醜態を思い出せばよい。

一方、アメリカは完全にわが国の足元を見ている。

こうした構図の中では、いつわが国がアメリカの
「正義の戦争(=侵略戦争)」に巻き込まれるか、
分からない。

分からなくて当然。

その“決定権”自体が、わが国ではなく、
アメリカにあるからだ。

国民が望まない戦争に駆り出されるのを避けたいならば、
絶対的」な対米依存を終わらせるべきだ。

その為には、「我が国の防衛」に
自ら(!)責任を負わねばならない。

ところが、それを憲法が妨げている以上、
憲法改正は不可避。

皮肉ながら、個別的自衛権も満足に行使できないまま、
集団的自衛権に踏み出した安保法制も、今の憲法が招き寄せたもの。

護憲派に尋ねたい。

対米依存=従属を必然化する憲法を「護持」して、
どうやってアメリカの戦争に駆り出されるのを防ぐつもりか。

対米追従派にも聞きたい。

「戦力」未満の自衛隊“加憲”で対米依存を続けても、
アメリカが「絶対的」にわが国を守ってくれる保証は、
一体どこにあるのか。

本気で平和を願うならば、
一人前の個別的自衛権を備える為の憲法改正以外に、
選択の余地はないはずだ。

 

2017/12/09new

戦争を避ける為に

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jogbjdi0g-14#_14

 

山尾議員と立憲民主党による立憲に基づいた改憲を認めろ護憲派対米追従主義者!アメリカの犬になりたくなければな。