ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

アメリカ版マイナンバー

www.nikkei.com

 

 日本で2015年から始まったマイナンバー制度。戦前から同じような制度を持つ“マイナンバー先進国”米国で見直しの議論が活発になっている。信用情報会社がハッカーから攻撃を受け、大量の個人番号が流出した事件がきっかけだ。なりすましを防ぐため顔認証など最新技術への置き換えを模索するが、広く普及した制度を改めるにはコストや手間がかかりハードルが高い。

 

 「社会保障番号(SSN)はもはや役立たずだ」。ホワイトハウスで情報セキュリティーを担うジョイス大統領特別補佐官は、個人番号として使われているSSNの抜本的な見直しの必要性を訴える。米政府は2017年秋から、SSNの代替策として生体認証など最新技術の活用を探り始めた。

 きっかけは「米史上最悪」といわれる情報漏洩事件だ。消費者信用情報会社エクイファクスは17年9月、サイバー攻撃を受けて、氏名や住所、生年月日などとともにSSNが盗まれたと発表した。個人情報が漏れた被害者は、約1億4千万人と米国民のおよそ半分に相当する。世論から厳しい批判を浴び、最高経営責任者(CEO)らは引責辞任に追い込まれた。

 SSNは「本人しか知り得ない」という前提のもと本人確認のために幅広く使われてきた。クレジットカードの申し込みや銀行口座の開設、ローンの申し込みなど金融関係に加え、運転免許など他の身分証を取るときにも使われる。替え玉受験を防ぐため試験用紙に明記する場合もある。ウェブサイトではパスワード代わりにSSNの下4桁が使われることもある。

大きな機能を持つSSNの流出が怖いのは、番号の保有者になりすます犯罪に使われるケースが後を絶たないからだ。生年月日や住所など比較的手に入りやすい他の個人情報と一緒に悪用されて、勝手に自分名義のクレジットカードをつくられて高額の商品を買われるなど金銭被害が多い。パスワードなどと違って番号は簡単に変えられない。「変化が必要なのは明らかだ」とジョイス氏は強調する。

 「中略」

 米国でSSNの見直し議論が盛り上がるのは今回が初めてではない。連邦政府は2000年代以降、州政府に対して運転免許証にSSNを載せるのを禁じたり、各省庁になるべくSSNを使わないよう指示したりと広がりすぎた用途を狭めるよう取り組んできた。ただ抜本的な見直しはコストや手間がかかり世論の支持も欠かせないため、なかなか進んでない。マイナンバーの普及に手間取る日本にとって、米国の議論の行方は参考になりそうだ。

 

社会保障番号 米国民や米国の居住者に発行されている9桁の個人番号。ソーシャル・セキュリティー・ナンバー(SSN)と呼ばれる。フランクリン・ルーズベルト大統領時代の1936年に創設された。当初は社会保障を給付するときに、労働者の収入履歴を管理する目的で割り当てた。40年代以降、連邦政府が税金の管理などに使い始め、金融機関も取引記録のために活用するようになった。個人の識別だけでなく、本人確認へと用途が広がった。

 

米でマイナンバー見直し議論、大量漏洩きっかけ、生体認証など活用探る (グローバルViews) :日本経済新聞

 

廃止しろよ!見直しじゃなくて!!日本版マイナンバーも廃止しろ!!

「暴虐政治終わらせる」/治維法国賠同盟 50周年レセプション/市田副委員長あいさつ

 

暴虐政治を早く終わらせろ!時間がないぞ!!

しっぽちょん切る作戦使て終わりだと思うな!!!!!

 

www.news24.jp

ほぼ100%トランプの勝ちが目に見ええてる!!!!!

www.nikkei.com