ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

独裁化?民主主義?それとも第3の道?

digital.asahi.com

 

「前略」■独自の統治モデルを意識 人権や自由、受容するか焦点 早稲田大学名誉教授・天児慧(あまこさとし)

――中国では習近平(シーチンピン)国家主席への権力集中が強まっています。

 「国家主席の任期制限撤廃など、習氏による『独裁』を巡る議論は、人類共通の歴史的な政治課題と捉えた方がいい。ドイツヒトラーが台頭したように、政治システムは民主主義が問題を解決できなくなると独裁に、独裁が強まると民主主義に振れる。冷戦の終結はリベラルデモクラシーの勝利ととらえられたが、いま民主主義は世界が直面する課題を解決していない」

 「中国共産党文化大革命の後、経済の近代化と政治の近代化を目指した。政治の近代化とは、つまり民主化だ。経済発展のために権威主義的統治が必要であるにしても、いずれ政治が徐々に民主化していくとトウ小平を含む指導者たちも考えていた」

 ――今はどうでしょう。

 「今は違う。西側の民主主義は行き詰まったと指導者が認識している。習氏が国家主席に就任した2013年ごろから共産党は、経済と政治を含む概念として新たな『中国モデル』を意識し始めた」

 「昨年の共産党大会などを見ると、50年ごろには米国を超えるという目標を立てているようだ。理念やシステムで世界的な影響力を持つという戦略が出てきているのではないか」「中略」

――中国式の統治は他国に広がるでしょうか。

 「経済発展が遅れた地域ではある程度広がりそうにみえる。ただ、中国自身、経済発展を遂げて民意を担う主体も登場しているのに、なぜ今の体制が受け入れられているのか、という問題がある。やはり民主主義の混迷に加えて治者と被治者を区別する儒教的政治文化が要因として大きいのではないか」

 「明確な方向性を提起するには賢人政治の方が優れた面もある。中国を『あいつらは独裁だ』と批判するだけでは低質な議論にしかならない。民主主義を鍛える努力を抜きにして、独裁と比べるべきではない」

 「一方、習氏は『賢人政治』に必要な、優れた指導者を選ぶ仕組みを作っていない。民主主義と中国式統治は、どちらも試されている」「中略」

 ■「Gゼロ」世界、中国の好機 米の政治、深刻に壊れている ユーラシアグループ社長、イアン・ブレマー氏

 ――トランプ政権発足以降の世界をどうみますか。

 「私は約7年前に世界が(リーダー不在の)『Gゼロ』に向かっていると考えたが、思った以上に急激に進んでいる。『米国第一』は、米国が世界で果たしてきた役割を以前ほどやりたがらないということ。米国は今も世界の超大国で、一夜にして同盟国を失うことはないが、Gゼロは中国にとって、とても大きな機会となる。私は中国が政治的空白を利用することを今年の10大リスクの1位に挙げている。明らかにそうなっている」

 ――中国はどんな動きをみせていると?

 「トランプ氏が大統領に当選して以来、最大の変化は、習近平(シーチンピン)国家主席が、これまでと異なる世界秩序を定義する機会がある、と認識したことだ。そのことは、中国により適した秩序である『一帯一路』の構想、また終身制になりうる習氏の国家指導者としての地位などに表れている」

「中略」

 ――あなたは2016年の大統領選の直後、将来世界史の本には『パックスアメリカーナ(米国による平和)』は45年に始まり、16年に終わったと記される――と言いましたね。

 「間違いなくそう言える。米国人はトランプ氏のツイートばかり気にし、世界秩序の変化に関心を持っていない。だが10年後に振り返れば、習氏の演説こそパックスアメリカーナの終わりに向けた転換点だったとわかるだろう」

 「人々は5年前ですら、世界の未来は自由民主主義にあり、中国は政治改革をしなければ崩壊すると思っていた。だが中国は改革もせず崩壊もしていない。米国のモデルも受け入れていない。実際、自分たちのモデルが本当に機能するのかと迷うようになっているのは米国人のほうだ」

 「中国は、ビッグデータ人工知能など世界で最も重要な技術革新で米国に挑んでいる。米国は、中国のモデルがいかに自分のものと違い、新しいかということを過小評価してきた。第3次世界大戦が起きるとは思わないが、米中間のテクノロジーの冷戦となる可能性はかなり高い」

 ――長期的にみて、民主主義の押し返しはあるのでしょうか。

「中略」

 「第2次大戦後、米国は世界で最もうまく統治されたシステムだったかもしれない。だが、世界が七十数年で変わり、米国のシステムが変わらなければ、どこかの時点で壊れる。中国のシステムが世界秩序の未来だとは思わないが、米国のシステムであるようにもみえなくなってきている」

 ――見通しが全く不透明ですね。

 「米国が主導した世界は、中国が主導しそうな世界より個人の権利に関心を払ってきたと言える。米国がそうした関心や能力を持たなくなれば、我々は重要なものを失う。価値を築くのは長い時間がかかり、再建するのはとても難しい」(聞き手・五十嵐大介

     *

 1969年生まれ。米政治学者。著書「スーパーパワー Gゼロ時代のアメリカの選択」で、指導者なき世界を指摘した。

(チャイナスタンダード)独自の統治モデルを意識 「Gゼロ」世界、中国の好機 識者に聞く:朝日新聞デジタル

 

独裁でもない、民主主義でもない、いわゆる第3の道もありだと思う。