ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

蚊帳の外はどっちだ!?韓国?それともニッポン??

vpoint.jp

 

「日本が蚊帳の外にいる」、「韓国こそが朝鮮半島問題をハンドリングする運転席にいる」。これは、韓国メディアからときどき漏れ伝わってくる現状分析(というよりも妄想)ですが、「蚊帳の外」にいるのは、実は韓国ではないでしょうか?

韓国メディアの不思議な高揚感と挫折

 

●「主体思想」と「運転席理論」と「日本蚊帳の外理論」

 4月27日に行われた「南北首脳会談」以降の韓国メディアを眺めていると、どうも不思議な自信と高揚感に満ち溢れているように思えてなりません。その理屈は、「韓国こそが朝鮮半島問題の『運転席』に座っている」とする、いわゆる「運転席理論」です。

 韓国は1948年の建国以来、自分たちで自分たちの国の在り方を決めるということをしてきていませんでした。いや、有史を眺めても、朝鮮民族自信が「主体的に」国を運営していくということはできず、ただひたすら、周辺の大国の都合に振り回されてきたのです。

 こうした歴史もさることながら、韓国人(というか朝鮮民族)の振る舞いを見ている限り、彼らのDNAには「属国根性」が刻み込まれているのではないかと思うこともあります。こうしたなかで出て来た「運転席理論」は、現在の韓国で大いに支持されているようです(『理解に苦しむ韓国の「運転席」理論』参照)

 ただ、この「自分たちが主体になって国の在り方を決めていく」という考え方は、北朝鮮の「主体思想(しゅたいしそう)」と、本質的にはまったく同じでしょう。なぜなら、主体思想も運転席理論も、「主体(主人公)」と「排除される相手」が存在する、という共通点があるからです。

 北の主体思想においては、敵視するのは米帝日帝南朝鮮傀儡であり、主人公は金日成(きん・にっせい)とその子孫である金王朝一味です。これに対し、南の運転席理論においては、敵視するのは日本、主人公はさしずめ文在寅(ぶん・ざいいん)大統領、といったところでしょうか。「中略」

●やっぱり「ハシゴ外し」が来た!

 こうした中、当ウェブサイトでは一貫して、「板門店宣言」と「南北和解」が演じられたのはまやかしだと言い続けて来ましたが、北朝鮮が南北高官級会談の中止を通告し、韓国を揺さぶりに来ました。


■北、「韓米マックスサンダー訓練」を非難…南北高官級会談中止を通知(2018年05月16日07時53分付 中央日報日本語版より)

 



■青瓦台「南北高官級会談の中止、北側の真意を確認中」(2018年05月16日08時21分付 中央日報日本語版より)

 


 記事によれば、米韓軍事訓練の実施を理由にしたものだとしていますが、この展開も、あまりにも予想どおり過ぎます。しかし、中央日報の報道ぶりから判断する限りは、韓国政府・メディアは明らかに動揺し、慌てふためいているようです。

 

 韓国が「運転席理論」、「蚊帳の外理論」の余韻に浸っていたい気持ちもわからないではありません。しかし、実際に韓国が座っていたのは「運転席」ではなく、線路から外れてまっさかさまに落ちていくトロッコか何かだったのではないでしょうか?

 また、6月12日にはシンガポール米朝首脳会談が行われることが決まりました(※といっても、金正恩(きん・しょうおん)が本当にシンガポールに現れるのかどうかは、現時点では定かではありませんが…)。板門店ではなくシンガポールで行われる理由は、あきらかに「韓国外し」でしょう。

 こうした「韓国外し」に気付いたのか、韓国政府は6月にカナダで開かれるG7に参加することを調整していると、日本の毎日新聞が先週、報じています。

G7/韓国参加で調整 米朝会談前、南北支援要請へ(2018年5月11日 23時09分付 毎日新聞デジタル日本語版より)
 もっとも、毎日新聞の第1報から1週間近くが経過しますが、これ以外に「韓国がG7参加を目指している」とする報道は、現時点までに見当たらず、毎日新聞のいつもの「ガセネタ」なのかもしれません。

 いずれにせよ、G7では北朝鮮に対する厳しい対応がコンセンサスとして形成されることは間違いありません。韓国は現在、北朝鮮の核のCVID(※)には同意していませんが、おそらく、日米はG7でCVIDをコミュニケに織り込むことを目指すはずです。

(※「CVID」とは「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)の略称)。

そうなれば、「北朝鮮にCVIDを求めるG7」と「北朝鮮のCVIDに反対する中国+韓国」という構図が出来上がり、しかも、韓国は北朝鮮にハシゴを外された状態におちいります。何のことはありません、蚊帳の外にいるのは、日本ではなく韓国だったのです。「以下略」

 

蚊帳の外は韓国?それともニッポン??