ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

国民はあきらめたのか?????

www.nikkansports.com

 ★首相・安倍晋三の決して褒められない政権運営への指摘は昨年、共産党委員長・志位和夫が「安倍用語辞典」として安保法制-平和安全法制、共謀罪テロ等準備罪、残業代ゼロ-高度プロフェッショナル、新基地建設-負担軽減、答弁の反復-丁寧な説明、答弁不能-ご指摘は全く当たらない、事実の指摘-印象操作、批判の声-こんな人たち、と記した。このような用語が連発されると、国民は慣れてしまうのだろうか。★最近、内閣支持率が上昇傾向だ。「中略」自民党議員が言う。「野党の戦術の演出不足もあるだろうが、国民が政治に飽きてきているのではないか。無論、森友・加計疑惑は野党の追及によって一進一退。1年前よりは、実態も解明され質問も的確だ。だが、自民党サイドがのらりくらりと、とぼけ続けていれば、堂々巡りは当然だ。それならば国民は飽きてくる」。「中略」★だが、いま1度考えてほしい。民主国家の体制が壊れ、政権の私物化が叫ばれても、国民は関心を持たない。そこに税金のでたらめな使われ方があっても、しかりだ。1度懐から出された税金の使われ方にも、乱暴な支出にも、寛容で無頓着だ。働き方改革で過労死が助長され、残業代が減ることになっても、愛社精神が勝るようだ。しかしそれは本音ではないだろう。じっと我慢して、えたいのしれない嵐が過ぎるのを待って、やり過ごせばいつかきっといいことが待っていると信じ、愛社精神よりも会社にしがみつき、振り落とされないようにしているだけなのだ。政治に諦めてしまった国民がいる。(K)※敬称略

安倍用語に慣れ、あきらめた国民/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ

フェイスブックユーザーによるコメント

 

*少なくとも私の知っている範囲では、あきらめた人は居ません。声を上げ続けているか、はじめから何もしないで評論ばかりの人か。まあ、40年位昔の話を持ち出して、「俺も昔は・・」なんて言う人もたまに居ますが・・・それって、あきらめたの昭和の時代じゃん!

 

*「国民」とか ひと括りにされてもな…その表現じたいが 他人事っぽいんだよ。

www.facebook.com

 

 

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:空ãæµ·ãå±å¤ãæ°´
あなたの上空にも飛んでるかもしれません、オスプレイが!