ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

沖縄列島要塞化関連記事

www.facebook.com

 

地対艦ミサイル部隊は192発のミサイルを装備

軍事アナリスト北村淳の著書に、「2017年現在、陸上自衛隊が運用している5つの地対艦ミサイル連隊のうち、新型の12式地対艦ミサイルを装備しているのは1個連隊(第5地対艦ミサイル連隊)だけであり、いまだに主流は88式である。いずれにしても、各地対艦ミサイル連隊は、それぞれ6発のミサイル本体を装填した発射装置を積載する発射車両16両と6発の予備ミサイルを携行する装填車両16両を装備しており、最大96発のミサイル連射能力と、短時間の装填作業後に引き続き96発を発射する能力を保有している」
「完璧に近いミサイルバリアを構築するには、現在の3倍から4倍の連射能力が必要となる。幸い、指揮統制装置やレーダー装置、あるいは発射装置などのミサイルシステム構成ユニットを増強することにより、技術的には問題なく実現可能だ」さらに、「300発の高性能地対艦ミサイルを手にしたグレートバリア戦闘団を、石垣島宮古島久米島奄美大島薩摩半島南西部、平戸島に展開し、できれば与那国島沖縄本島天草下島にも配備するのだ」と主張しています。まったく、とんでもない主張です。

 横須賀に寄港しているイギリス海軍揚陸艦アルビオンは7日もいました。甲板には装甲車が並んでいました。近く出港すると想定されます。8日から海自の揚陸艦おおすみが沼津の海岸で揚陸訓練をやりました。来週、日英揚陸艦の合同訓練があるかもしれません。あくまで推測ですが。

写真は揚陸艦アルビオンと横須賀の浦郷弾薬庫に積み上げられたミサイル格納用のキャニスター。断熱シートがかけられていることから、実弾と推測されます。

www.facebook.com