ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

北方領土問題

biz-journal.jp

 

 元衆議院議員新党大地代表の鈴木宗男氏が7月11日、自由報道協会主催の記者会見に出席した。鈴木氏は2017年4月に公民権を回復後、同年10月の衆議院議員選挙に出馬したが落選。この日は久しぶりに報道陣の前で宗男節を披露し、北方領土問題について持論を語った。

「今、西日本では大雨の関係で大変な被害が出ておられます。亡くなられた方々に心からの哀悼と、ご家族の方々に心からのお見舞いを申し上げる次第であります。自然のなせることとはいえ、21世紀は環境の世紀といわれて久しゅうございますが、その環境にいかほど政治が、国民が、地球の多くの方たちが向き合ってきたか。私は冷静に、かつ深刻に、未来に向けて考えるときにきているのではないかと思っております」(鈴木氏)

 会見の冒頭、折からの西日本の豪雨被害について述べた鈴木氏は、混迷する国会質疑に話が及ぶと一気にボルテージを上げ、こうまくしたてた。

「昨年からの国会をずっと見てきて、モリとかカケみたいなそば屋談義みたいな話は国益にはふさわしくないなと思っております。事件性があるなら野党も質問していい。平成14年の宗男バッシングに際しては『ムネオハウス』などと報道されましたが、ロシア人は英語を話しませんから、ロシア人が使うとすれば『ムネオドーム』とか『ムネオダーチャ』でないとおかしい。そんなことはすぐにわかることです。

 辻元清美さんは、私に対して『疑惑の総合商社』とまで言いました。しかし、その質問をしているとき、みなさんの税金で詐欺をしていたのは辻元さんだった(秘書給与詐欺事件)。私は憤ってますよ。今でも辻元さんは、『官邸は不正の館だ』なんて言っている。どうか、みなさんも政治家の決意だとか覚悟がどこにあるのかを冷静に見てもらいたい」(同)

 選挙で落選し下野したとはいえ、政治活動に対する情熱はいささかも衰えていない。

「今年に入って朝鮮関係が大きく動いております。米朝首脳会談なんて誰が想像したでしょうか。米ロの首脳会談もセットされました(7月16日に実施)。誰がなんと言おうと、これらの問題の背景には安倍総理の陰徳といいますか、あるいは働きかけがあったと、総理の果たしている役割はきわめて重いと思っております。私は言うべきことを言いながら、国益の観点からも、特に北方領土問題で誰よりもロシアと向き合ってきた者として、安倍総理には北方領土問題の解決を成し遂げていただきたいと思っております。今日はお招きをいただきましてありがとうございました」(同)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/07/post_24186.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.「中略」

 今年2月7日の「北方領土の日」に都内で開催された「平成30年北方領土返還要求全国大会」に出席した安倍首相は、次のようにあいさつした。
「戦後72年が経過してもなお日本とロシアには平和条約がないのは、異常な状態です。なんとか、この状況を打開しなければならない。戦後ずっと残されてきたこの課題に、私とプーチン大統領が終止符を打つ。これまで20回の首脳会談を行い、その強い決意を両者で共有しております。事情が許せば、本年5月にロシアを訪問し、日ロ首脳会談を行い平和条約締結問題も取り上げる考えです」

 1855年2月7日に「日露通好条約」が締結され、択捉島とウルップ島の間に国境を置くことを確認し、国後、択捉、歯舞、色丹の4島が我が国に帰属することが確定した。そのため、同日が「北方領土の日」と制定された。この記念日に安倍首相が「平和条約の締結」を口にしたことは、1956年の「日ソ共同宣言」に従い、平和条約の締結後に歯舞群島色丹島の2島返還に向けて、強い決意で望むとの意思表明にほかならない。しかしながら、5月26日にモスクワで行われた21回目の日ロ首脳会談は、またしても不調に終わった。鈴木氏はこう語った。

安倍総理は9月に再選されても、残り3年しか時間がありません。プーチン大統領は今年の5月から、実質向こう6年間あります。2020年には東京オリンピックですから、実質与えられた期間は1年半だと思っております。そうなると、今年の9月のウラジオストクでの東方経済フォーラム(11~13日)での日ロ首脳会談で日本としての考えを明確に示し、来年6月のG20で訪日するプーチン大統領に、安倍総理の提案に対してなにがしかの返事をもらうというスケジュール感覚がないと、この問題は追いつかないと思っております。が、私は安心しております」(同)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/07/post_24186_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.「中略」

元島民たちの「3つの願い」

 今や、北方4島の元島民の方々の平均年齢は83歳だという。その島民たちの願いは「大きく3つに集約される」と鈴木氏は語る。

「歯舞、色丹、国後、択捉に住んでいた島民たちの願いは『自由に島に行けるようにしてほしい』ということです。今は政府が調達している『蝦夷ピリカ』という船で墓参でしか行っていません。安倍さんがおととしの12月にプーチン大統領にお願いして、飛行機での墓参が去年から1回できるようになりました。

 2番目は、ひとつでもいいから島を返してもらうこと。3つめは、国後島周辺の海を使わせてもらうことです。魚が捕れるかどうかで生活にかかわりますからね。特に、国後島羅臼標津町別海町根室市から朝に夕に島が見える。先祖の墓がある島が見えるのは大きいんです。島民の方々も、返還後の島に住む人はひとりもいません。『自由に行ければいい』というのが一番の気持ちなんです。平均年齢83歳ということから考えても、ここは乾坤一擲、安倍総理に勝負していただくしかないと思っております」(同)

 今年9月に予定される22回目の日ロ首脳会談。プーチン大統領北方領土問題で対峙する日本側の首相は、果たして誰になるのか。9月の自民党総裁選挙をめぐっては「8月前倒し」の声も聞かれるが、首尾よく安倍首相の3選となるのだろうか。
(文=兜森衛)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/07/post_24186_3.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

おい!ビジネスジャーナル!!そして宗男!!考えが甘いんだよ安倍に頼ること自体が!!馬鹿野郎!!!!!