ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ジョギングしてました・デイサービス中、雨降ってた。だめだな、って思ってたら帰る途中雨やんでた。しかも晴れ間まで出てた。さあ、ジョギングするぞ、って思ったらうっかり着替えのシャツ持って帰るのわすれた。父ちゃんが出かけるって言ってたので忘れた場所まで連れてってもらって忘れ物取りに行った。しかもシャツだけでなくタオルまで忘れてた。うっかりしてたぜ!そのあと走って帰った。一時弱い雨降ってた。しかも走ってる途中暴風警報発令。急いで走って帰ったが右足裏マヒして飛ばせん勝った。距離4.5km?(もしかしたら5kmかも)、タイム34:40・

 

2018.7.27 07:00政治

希望の党改憲

7月24日、(新)希望の党

結成大会で憲法9条の改正案を発表した。

 

自民党より「右側」の改憲案の、1つのサンプルか。

 

9条2項を書き替えて、

戦力不保持と交戦権否認を削除し、

自衛隊の「保持」を明記。

 

又、3項を追加して、

内閣総理大臣の指揮監督権と、

法律に基づく国会の統制を書き込むという。

 

安倍氏の加憲提案の“肝”は、9条2項の維持。

 

それとはハッキリ対立している。

 

自民党素案のように、第2項で『戦力(force)』

保有しないとする一方で、

『実力組織(force)として、

自衛隊(self-defense forse)』は保持するということは、

結局『戦力』と『実力組織』の違いは何か

という根本的な論議が継続することとなり、

違憲論争の終息につながりません」

(同党政策調査会長井上一徳氏の解説)

 

との問題意識に基づく。

 

自衛隊を「戦力」と位置付ける為の改正案のようだ。

 

だが、

自衛隊を縛る“戦力未満の非軍隊”

という制約が解除されるのであれば、

改めて「一人前の軍隊」として、

運用・装備・訓練等がトータルに見直される事になろう。

 

その自覚はあるのだろうか。

 

もしあれば、憲法上、

解禁された「戦力」を、いかに規律して行くか、

憲法“それ自体”に遺漏なく(カテゴリカルに)

書き込む必要がある、という課題に気付くはずだ。

 

にも拘らず、それへの配慮は殆ど見られない。

 

そのような提案は、残念ながらそのまま賛成できない。

 

これまで事実上、制約されて来た個別的自衛権

“十全な”行使を可能にする為には、9条2項の

「戦力不保持」規定の改正は避けられない。

 

しかし一方で、自衛権を適切に行使するには、

それを“厳格に”規律する規定をカテゴリカルに

追加しなければならない。

 

その双方を満たすのは立憲的改憲だけだ。

 

https://www.gosen-dojo.com/blog/18849/

 

安倍vs希望の党vs立憲民主党改憲対決は目に見えてる???ちなみにSPA!ゴーマニズム宣言明治憲法も押し付けだった漫画載ってます↓

 

 

 

 

 

お題「わたしのアイドル」

 

特になし>?