ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

総裁選関連記事

来週の木曜日に自民党の総裁選挙が行われ、自民党の次期総裁が決まる。第一党にして国会の過半数議席を持つ自民党の総裁が、内閣総理大臣を兼ねることは言うまでもない。その意味で、20日に行われる自民党総裁選は日本の総理大臣を選ぶ選挙ということになる。  しかし、一国の最高権力者を選ぶ選挙の割には、何とも盛り上がりに欠ける。早くから国会議員票の8割以上を押さえた安倍首相の三選が確実視され、今となっては、石破氏が党員票をどの程度集めるかのみに興味の焦点が移っている。日本の首相を選ぶ選挙が、これで本当にいいのだろうか。  過去四半世紀にわたり日本は、個々の政治家から政党へ、官僚から首相へと、政治権力の集中を進めてきた。中選挙区制の下、派閥や族議員が跋扈していた時代は、ロッキード事件リクルート事件などで金権政治が批判され、個々の政治家が集めることができる政治資金に厳しい制限が課せられる一方で、政策論争を喚起するとの触れ込みで、小選挙区制や政党交付金などが導入されてきた。  また、バブルの崩壊や住専薬害エイズや大蔵官僚のノーパンしゃぶしゃぶ接待など、官僚による失政や不祥事が相次いだことで、官僚主導の政権運営が批判を受け、政治権力を首相官邸に集中させる「改革」が相次いで打ち出された。  今や首相は、官邸官僚と呼ばれる省庁の中でも最も大きな権限を持つ独自の手勢を持ち、内閣人事局や日本版NSC国家安全保障局)、経済財政諮問会議などを通じて、官僚の人事から予算編成、外交・防衛にいたるまで、ほとんど全ての分野で絶大な権力を行使できるようになっている。官邸の人事権は裁判所や捜査機関にまで及ぶこともあり、未だかつて無いほど、首相の権力をチェックしたり制御することが難しくなっていると言っても過言ではないだろう。  そのような状況の下で、自民党内は安倍首相が有利と見るや、各派閥は雪崩を打って安倍支持を表明。自民党の国会議員405人のうち、ここまで分かっているだけでも、約350人が安倍支持で固まってしまった。絶大な権力を持つ首相を敵に回しても、何の得にもならないという判断が働くのは、権力に人一番敏感な政治家であれば、無理からぬことなのかもしれない。  しかし、果たして現在のこの状況は日本にとって好ましい状況なのだろうか。われわれは権力の集中を図る一方で、それをチェックしたり制御するための仕組み作りを怠ってきたのではないか。一度権力を手にした者が、自らその権力を手放すことは考えにくい。当然その権力を使って、更なる権力の拡大やその永続化を図るのが、権力の常であることは、多くの先達たちが警告してくれているはずだ。  政策的に、あるいは人間的に安倍首相に親近感を覚え、これを政治的に支持すること自体には、何ら問題はない。しかし、われわれが委譲した権力が公正に行使されているのか、またそれは然るべきチェックを受けているかどうかは、それとは別次元の問題だ。また、絶対権力の前で、ジャーナリズムがきちんと機能していると言えるかどうかも、問われる必要がある。「以下略」

 

 

www.youtube.com

 

おまけ・YouTubeユーザーやBLOGOSユーザーによるコメント

 

*

今回の話はかなり重大なのでは?
安倍首相は、「絶対的権力は絶対的に腐敗する」の歴史上はじめての例外で、チェックは必要ないのかもしれない。
では後継者は?

それすら無視して親記事をひたすら叩くとしたら、もう…安倍首相に逆らう者を全否定したい、以外に何もなくなっているということでしょうか?

それとも、「安倍政権を支持する国民を、絶対に信じる」それだけなのでしょうか?

親記事放送もダイジェストなので見ていませんが、全体には「新しくまともな野党が必要」「政治改革の見直し、チェック体制の再構築」は語られているでしょうか…

 

*

これまで、新聞やテレビは時の政権を叩けば、部数や視聴率が増えた。ところが、少なくとも安倍政権に対してはその手法が通じない。新聞もテレビも見ない人が増えている。

今後も時の政権が強い状況が続けば、新聞やテレビの状態はますます悪化するだろう。そういう危機感があるからこそ、安倍政権を執拗に攻撃しているのだろう。

ネットが発達し、少子高齢化が進む日本において、ジャーナリズムはどうあるべきか、ここでもう一度考えておかないと、マスコミは失業の山となるだろう。

 

*

>また、絶対権力の前で、ジャーナリズムがきちんと機能していると言えるかどうかも、問われる必要がある。

それは「ジャーナリズム」側の問題でしょ。
ジャーナリズムがきちんと機能していないとしてそれを「権力」のせいにする様な根性無しではジャーナリズムがきちんと機能などするはずもない。

自民党総裁選から見えてくる今の日本の政治の現状を、政治やNPOを長年ウオッチしてきた秋山氏と、ジャーナリストの神保哲生社会学者の宮台真司が議論した。

この流れなら「政治」の現状以前に「ジャーナリズム」の現状こそ議論すべきなのでは?

>それは「ジャーナリズム」側の問題でしょ。

>この流れなら「政治」の現状以前に「ジャーナリズム」の現状こそ議論すべきなのでは?

言えてる。安倍政権で言論統制のようなことは一度もやったことがないものね。むしろマスコミに対して甘いと思えるくらいだ。

逆にマスコミはどうか。例の新聞代金に軽減税率を適用させたのは最悪の選択ではないか。しかも政権側からではなく、新聞社側から申し入れたものだ。

いくら発行部数が減っているとはいえ、そんなことをしたら「新聞は政権のイヌだ」と言われ、ますます部数が減るに決まっている。と同時に新聞社配下のテレビ局の影響力も落ちるだろう。

「貧すれば鈍す」というが、日本の新聞やテレビがここまで落ちぶれてしまうとは、想像もしなかった。

 

*

しかし、果たして現在のこの状況は日本にとって
好ましい状況なのだろうか。われわれは権力の集中を図る
一方で、それをチェックしたり制御するための仕組み作りを
怠ってきたのではないか。一度権力を手にした者が、
自らその権力を手放すことは考えにくい。
当然その権力を使って、更なる権力の拡大や
その永続化を図るのが、権力の常であることは、
多くの先達たちが警告してくれているはずだ。

安倍首相本人が、「わたしは後3年間しか総理大臣を
やれないんです」と討論会で明言しているではないか。

自由民主党は、いかなる者も4選されない。
いかなる者も、9年間を超えて党総裁になる事は
出来ない――と言う決まりをちゃんと作って国民に
公開し、安倍首相も、「自民党の決まりで、わたしは
3年後には必ず総理をやめないといけないんです」と
公言しているではないか。

権力者が永続的な権力を保持すると言う事が、
自由民主党において、どうして起きうるのか?

日本共産党宮本顕治は、40年間党首の地位を
誰にもわたさなかった。

志位和夫も、20年間、党首の地位を誰にも渡さない。
宮本顕治と同様に、後20年間は党首を退かないと
見られる。

自由民主党では、いかなる人間も、9年間を超えて党首を
務める事はできない。

自由民主党が、日本共産党と同じであるかのような記事は、
誤解を招く。

自由民主党は、権力者をチェックしたり制御するための仕組み
を、自分たちでちゃんと作ったではないか、作れたではないか。

日本共産党にそれが出来るのか?

志位和夫に向かって、「志位さん、もう20年も党首やっているん
だから、いい加減に党首交代しなさいよ」と言える党員が、
日本共産党内に一人でもいるのか?

そういう発言をしても、志位和夫小池晃から、制裁や処分
される事は一切ない――そんなシステムが共産党内にあるのか?

 

*

政権のチェック機能を自民党の総裁選に求めるなよ

いくら野党とマスゴミがゴミでクズで何の役にも立たないからって

*

まだ勘違いしている輩がいる。
自民党の総裁撰であり、総理大臣を選ぶ選挙ではない。
今回は多分、自民党総裁が総理大臣になるだけのこと。
衆議院参議院の国政選挙で自民党議員が多数派である現実。
それが全てである。

自民党の総裁撰と国政選挙をわけて考えるべきであり、そして石破氏よりも安倍氏自民党総裁としてふさわしいと見ている人が多数派であるという事。
部外者がくだらん口を挟むべきではない。

 

などなど。BLOGOSによるコメントにて。勘違いしてるばかもいるみたいだな./

 

blogos.com

 

*今の与党、自民党の姿に違和感並びに危機感を抱かない国民こそ異常。結局、「現状維持で良い」という想像力のない人々が、この国の危機を招いてきたと言えないか? デモクラシーが機能するか否かは、つまるところ、国民の資質の問題だ。

 

*

「現状維持」に固執しているのはデタラメな野党の方ですよ。 憲法も何も変える必要はない、獣医学部の新設も認めるのはおかしい、という異常なほどの現状維持思考の持ち主、それが野党やマスメディアの連中です。
 
 

 

*

「現状維持」に固執しているのはデタラメな野党の方ですよ。 憲法も何も変える必要はない、獣医学部の新設も認めるのはおかしい、という異常なほどの現状維持思考の持ち主、それが野党やマスメディアの連中です。

 

 
 
 
*野党すべてが憲法改正に反対しているわけではないし、護憲派の趣旨は憲法を一切改憲しないというのはほぼ九条=憲法とのイメージからだ考えることができる。よって護憲派を「現状維持」に固執しているというのは認識に問題がある。さらに獣医学問題について認めないのが「現状維持」云々といういけんは論外。少なくとも自民党の政策の多くは現状踏襲型で改革とは程遠い。そういう事実とその現政権の政策や政治手法の先にある崩壊が見えていない、想像できない国民の政治ばかりか社会への関心と理解のなさが最大の問題といえる。
 
*損得勘定で安倍晋三氏を支持する人の気持ちは分からなくもないですが、損得勘定抜きで安倍晋三氏を支持する人の気持ちだけはどうにも分からない。
↑からの返答↓
 
*安倍総理の個人的なファンなんだよ、多分
 
*ここ数年しみじみ思うのだが、世の中を見渡せばコンプライアンスダイバーシティーが大事だと騒がれて、多くの企業でその研修に多くの時間を割いている。 ところが、行政と政治家たち特に自民党安倍界隈にはこのコンプライアンスダイバーシティーに対する理解が無いどころか、これらを否定するような言動にあふれている。森加計はコンプライアンスの最も最悪な事例で、安倍の難民と移民の区別のない発言や、嫌中、嫌韓的な態度、あるいは杉田水脈のLGTBへの差別的発言などはダイバーシティーの何たるかを全く理解していない証拠といえる。つまり、安倍政権の異様さは、この社会とのずれでありさらにもっと問題なのは、世の中の多くが実はコンプライアンスダイバーシティーを全く理解しておらず、そのために安倍政権の問題の本質がわかっていないことなのである。
 
などなど・イカYouTubeによるコメント・
 

toyokeizai.net

 

現職の安倍晋三首相(63)に石破茂元幹事長(61)が挑む自民党総裁選での直接対決が14日の日本記者クラブ主催の公開討論会でようやく実現した。北海道大地震による活動自粛や首相のロシア訪問で延び延びになっていたもので、両氏は憲法改正アベノミクス、さらには政治手法などについて斬り結んだが、「もり・かけ」問題以外は首相ペースで、政策論争でも石破氏の斬り込み不足が目立った。

この公開討論に続いて同日午後には自民党青年局・女性局主催の討論会が開催されたが、身内の論戦だけに情勢変化にはつながらなかった。対応が注目される小泉進次郎筆頭副幹事長も討論会後に記者団に対し、投票前の支持表明を避ける考えを示した。このため、「流れは変えさせない」(細田派幹部)との首相陣営の思惑どおり、今後の街頭演説やテレビ討論も「結果の決まった消化試合」となるとみられ、首相圧勝の構図は一段と固定化しそうだ。

恒例となっている総裁選立候補者による記者クラブ主催の討論会は14日午前、東京・内幸町の日本プレスセンターで行われ、約2時間に及ぶ"舌戦"をNHKが生中継した。首相がアベノミクスなど内政・外交での成果を誇示したのに対し、石破氏は首相の政治手法への批判を軸に「安倍政治の欠点」を突いたが、首相の固いガードは崩せなかった。「中略」

石破派の斎藤農相に「辞表を書け」と圧力?

そうした中、石破派の有力議員でもある斎藤健農相は14日の千葉市での会合で、首相支持の議員から「『石破氏を支持するなら農相の辞表を書いてからやれ』と圧力を受けた」と暴露した。

斎藤氏は議員名を伏せて「首相は(私が)石破派だと分かっていて登用したはずだ。だから、『それなら首を切ってくれ』と反論した」と語ったが、総裁選での首相陣営の締め付けの強さが話題になっているだけに、犯人捜しも含めて党内外に波紋が広がっている。ただ、小泉氏への取材集中とも合わせて、こうした場外乱闘ばかりが話題になるあたりが「消化試合の特徴」(岸田派幹部)との声も少なくない。

石破氏「斬り込み不足」、首相は「上から目線」 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

イカ東洋経済オンラインユーザーによる

 コメント・皮肉言ってるやつもいますが…まあ、いいでしょ!

toyokeizai.net

 

NO NAME902e93a5c147
消化試合はみんな分かってることで盛り上がらなくて当然。安倍では討論にならないこともみんな分かってる。でも、それ以上に安倍経済でも外交でもは何の成果もあげていないどころか後退させていることもみんな分かっている。
 
NO NAMEb815633cd176
石破派の齋藤農林水産大臣に辞表を書けと迫った自称安倍派の輩は、自分が安倍総理の任命権を蔑ろにして、安倍総理を貶めていることに気付いていないのか。
典型的な虎の威を借る狐は醜い。
 
NO NAME734c7ad31227
>現在の異次元の金融緩和を正常化する「出口政策」を問われた首相が「(異次元緩和を)ずっとやっていいとはまったく思っていない。私の任期のうちにやり遂げたい」と語ったことが大きな経済ニュースとして報道された。


リフレ派の過ちだけは認めてください。物価は貨幣現象と国会で答弁している安倍さんも経済音痴だね。
 
NO NAME01e2ad030def
安倍晋三

自分を支持しない人間はすべて敵。
すべて
「こんな人たち」


日本は「変な人たち」と「こんな人たち」との争いの中にある。

勝負はいずれわかる。

「変な人たち」は世界の敵だからね。
 
NO NAME01e2ad030def
斬り込み不足はメディアやジャーナリストも一緒だよ。

#ケチって火焔瓶

を徹底的に追及したらでんでん安倍などお陀仏確定だよん。
(笑)

その日のうちにポンポン痛い痛いで逃げ出すでしょうよ。

(爆笑)
 
などなど。

 

コメント | 石破氏「斬り込み不足」、首相は「上から目線」 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準