ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

thepage.jp

安倍晋三首相(党総裁)が石破茂元幹事長を抑えて3選を果たした自民党総裁選。安倍首相は残りの総裁任期3年間の中で憲法改正に「チャレンジ」することになる。秋にも召集される臨時国会で党としての憲法改正案の国会提出を目指したい意向を示しているが、来年には統一地方選参院選のほか、天皇陛下の退位と改元、大阪G20サミット、10月には消費税率引き上げと重要な日程が続く。上智国際教養学部の中野晃一教授(政治学)は、安倍首相は3選したものの、今後の改憲論議は必ずしも順調には進まないのではないかと語る。中野教授に、総裁選の結果と憲法改正に向けた今後の展望などについて聞いた。

 

一選へ地方の危機感

 

今回の総裁選では、安倍首相が国会議員票で8割を固めながら、党員・党友による地方票では石破氏が45%を得票したことが注目されている。中野教授は、国会議員票と地方票の割れ方について「過去の総裁選ではおそらくここまで乖離していない」と指摘する。

 総裁選期間中には、斎藤健農林水産相が安倍首相陣営員から「圧力」を受けたと発言したことや、同様に神戸市議が「恫喝」されたと明かしたことが伝えられた。安倍首相は齋藤農水相への圧力についてテレビ番組で否定したが、中野教授は「投票したのは自民党員なので、単なる自民党のファンではなく、地方選挙でも国政選挙でも自民党のために動いている人たち。他にも声には出さないが不快な思いした人がいて、そのうちの一定数はやむを得ず安倍首相に投票したのではないか。45%が離反したというのは、かなり大きな数字だ」とする。

 こうした「地方の離反」の背景には、「地方が切り捨てられている」という感覚があるのではないかと中野教授は語る。

 安倍首相が本当にやりたい政策は、憲法改正に向けた動きや安全保障関連法、特定秘密保護法共謀罪含む組織犯罪処罰法などであるとして、「やりたいものの後回しにされている、地方ではそういう感覚」。アベノミクスについても「経済政策でさえ東京中心になっている。五輪特需にしても、災害対応にしても、東京が良ければ後がついてくる、という発想の人が(政権に)少なからずいるのだろう」。「中略」

改憲に突っ走るしかない?安倍政権

 安倍首相は20日の総裁選後の記者会見で、「70年以上一度も実現してこなかった憲法改正にいよいよ挑戦し、平成のその先の時代に向かって新しい国づくりに挑んでいく」とあらためて改憲への意欲を示した。そして改憲の方向性については、自身の3選をもって「力強い支持を得た」との見方を示した。

 総裁選では「自衛隊の9条への明記」「教育の無償化・充実」「緊急事態対応」「参議院の合区解消」という自民党憲法改正推進本部でまとめた4項目の改憲イメージについて言及し、特に9条への自衛隊明記で「違憲論争に終止符を打つべきだ」と主張してきた。一方の石破氏は、戦力不保持と交戦権の否認を盛り込んだ9条2項を維持したままの安倍首相案に否定的な見方を示し、首相自身の口から改憲方針について説明することを求めていた。

 今後の憲法改正論議はどう進んでいくのか。中野教授は「安倍首相は憲法改正を実現すると言い続けるだろう。逆にいえば、憲法改正を先送りすると言うと、政権の求心力が失われてしまう」との見通しを語る。

 改憲議論の入り口として、次の臨時国会ではバラマキ的な政策を並べるだろうと中野教授は予想する。「中略」

臨時国会では震災復興などを打ち出し、『国民の安全を守るのは私だ』として憲法改正につなげていきたいと考えているだろう。復興支援のための財政出動は必要であり、震災対応での『バラマキ』が一概に悪いというつもりはないが、むしろこれまで対策が後手後手に回ってきたにもかかわらず、いわば改憲への露払いとして押し出してきていることに違和感を覚える」(中野教授)

しかし、安倍政権が憲法改正に前のめりになればなるほど、各所でさまざまなハレーションが起きてくるのではないかと予測する。

 連立与党のパートナーである公明党は、憲法9条の改正には決して前向きではない。来年は春の統一地方選だけでなはく、夏に参院選も予定されている。「改憲に突き進んで、地方も公明党も付いてくるのか。(自民党の)8割の国会議員が支持したといっても、自身の当選かかっているときに足並みが乱れる可能性がある」

 また改憲派の議員の中にも、衆参国会議員で「3分の2」をクリアして憲法改正案を発議しても「国民投票で負けるようなことがあれば改憲ができなくなるし、政権が吹っ飛ぶ」と考える層がいるだろうとして、「その前に思いとどまらせようという動きが出てくることもも考えられる」と述べた。

 「以下略」

 

https://thepage.jp/detail/20180924-00000002-wordleaf?page=2

 

安倍のことだ!政府の犬・電通とか使って洗脳作戦を行うのは目に見えてる!!改憲などインチキして実現するのは間違いない!!