ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ジョギングしてました。買い物中、雨降ってきた。一時あきらめ状態だったけど、なんとか雨やんでてすぐジョギングした。急いでたので一時スタミナ切れ起きるかも?って思ったがなんとかゴールまで持った。距離3.7㎞、タイム16:18.

biz-journal.jp

相変わらず“キャンキャン追及”の蓮舫議員

 予算委員会では、以前から失言が多いことで知られる桜田義孝大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当)の失言を狙ったかのような質問もありました。

 特に、蓮舫参議院議員のヒステリックな質問の仕方は印象が悪かったですね。蓮舫議員の質問は、相手を見下しているような印象を抱きます。報道番組のキャスターを務めていたこともあるのに、残念です。ご存じのように、桜田大臣は偏った思考の持ち主なので、キャンキャン追及しなくても、そのうち自ら失言してくれると神澤は思っています。

 マスコミの報道姿勢にも疑問を抱きます。五輪予算の国の負担分「1500億円」を「1500円」と読み間違えたことは担当大臣としてあり得ないですが、老眼かもしれませんし、そのあたりは大目に見てもいいのではないでしょうか。それより、予算の本質的な部分についての議論を深めてもらいたいものです。

 神澤は、桜田大臣よりも根本匠厚生労働大臣の答弁のほうが気になりました。自分の言葉で答弁するのはいいのですが、言葉足らずというか、わざと質問にストレートに答えないようにしているのか……質問している議員に対しての敬意が感じられない雰囲気に今後の不安を感じました。

疑惑の片山さつき大臣にささやかれる噂

 予算委員会では、片山さつき内閣府特命担当大臣政治資金収支報告書への記載漏れ疑惑についても追及がありました。片山大臣が代表を務める政党支部の2種類の報告書の間で、政党交付金の額に200万円のずれが生じているという問題ですが、誰もが「あれだけの額の記載漏れはあり得ない。残高の確認をしていないの?」と思いますよね。

 政治資金規正法では、税理士や会計士の監査を受け、監査意見書を添付しないと収支報告書を提出できないようになっています。しかし、ほとんどの税理士や会計士の方は、なぜか支出の内容にしか関心がないようです。領収書との照らし合わせは行っても、銀行口座の残高確認や入金の内訳には興味を示してくれないのです。そのため、片山事務所に限らず、多くの議員事務所は監査のときに残高の確認を行っていないと思います。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/11/post_25466.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

老眼?老眼で片付けられるほど簡単じゃねーだろうが!!

 

 

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人ãã¹ãã¤ã«ããã­ã¹ã日刊ゲンダイにて。今日ものろべ総理は心配してるかもしれないな!