ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

小西誠による批判

blog.goo.ne.jp訂正記事を求めたら削除するというYahoo!ニュースの言論弾圧
 
 Yahoo!ニュースといえば、ウェブメディア、ニュースサイトの中でも、1、2を誇るネットサイトだ。
 この記事の11月10日発行のものに、重大な誤りがあった。軍事フォトジャーナリスト・菊池雅之氏の「陸から海へにらみ 石垣島など駐屯地新設で注目の「地対艦誘導弾」、どんな装備?」という記事だ。それは以下のように記述する。
 
 (写真は、同記事掲載の地対艦ミサイル)

「2016年3月、与那国島に駐屯地を開設、そこに沿岸監視隊を置きました。この部隊の任務は、洋上を行く艦船を偵察、監視することです。引き続き、石垣島宮古島奄美大島にも駐屯地を建設する計画を打ち出しました。このなかで最初に建設されるのが石垣島となったのです。尖閣諸島から約110kmしか離れていないことを考えれば、最初にこの島が選ばれたのは当然といえます。ほかの島々に関しても、2019年内に動きがあると思われます。

 一読して、現地の人々はもとより、関係者はこの記事の重大な誤りに気付くだろう。

 この記事が言う、先島―南西諸島の自衛隊基地で「最初に建設されるのが石垣島」というのは、完全な、重大な誤りだ(みっともないぐらいの)。すでに、2016~2017年から、奄美大島宮古島では、自衛隊基地の建設が、急ピッチで進行しており、両基地とも2019年3月には開設まで予定されている(写真参照)。
 そして、記事で書かれている、来年2月の「石垣島着工」は、先島―南西諸島の自衛隊基地建設の、まさに「最後」ともいえる着工なのだ。もっとも、種子島馬毛島など、他の島々においても自衛隊基地が予定されているから、南西諸島の基地建設の最後とは言えない。

宮古島駐屯地の工事現場)

 こんな、自衛隊の先島―南西諸島基地建設に関する、南西シフト態勢に関する、重大な記述の誤りは信じがたいが、問題は、この大きな誤りの訂正を指摘した記事の「コメント」の記述を、二度も削除する、ということが起こったのだ。

 この「削除=検閲」を行ったヤフーは、ニュースサイト=言論機関としての役割を、放棄したに等しいといわねばならない。

 現在では、多くの人々が、ウェブメディアから流されるニュースを見ているし、ある意味では、既存の紙媒体のメディアよりも影響力が大きい場合がある。
 かつて、DeNA社が運営するすべてのキュレーションメディアが、「信頼性の薄い情報を流布した」し、「無断引用」「ほぼ盗作」「パクリ」「著作権侵害」として、「メディアの存在自体を揺がす取り返しのつかない致命的な問題」として「非公開」になった事件があった。https://ironna.jp/article/4752?p=1 

 ヤフーニュースも、読者の批判に意見を傾けず、読者のささやかなコメントまでも削除するようでは、「フェィク・ニュース」になりかねない、といわねばならない。
 
 そして、軍事フォトジャーナリスト・菊池雅之氏、あなたは、こんなデマ記事を書き、それを修正しないようでは、ジャーナリストを語る資格はない。

 あなたが「自衛隊賛美」の記事を書いている「御用ジャーナリスト」であることを、ここで問うているのではない。「事実」の大きな誤りを指摘し、訂正を求めているのである。

 それにしても、自衛隊の先島―南西諸島配備について、マスメディアが報道規制すると、ここまでの「とんでも事実⁉」が一人歩きすることになるのか。マスメディアの関係者にも、深刻な反省を促したい、と思う(この記事の読者コメントには、数十の書き込みがある)。

*なお、この記事の先島―南西諸島配備のミサイル部隊についても、幾つかの重大な誤りが散見されるが、ここでは、一つだけ指摘しておきたい。記事中の、奄美大島宮古島に配備される地対艦ミサイル中隊は、熊本の第5ミサイル連隊ではない。この予定されているのは、第4ミサイル連隊(八戸)であり、この部隊から抽出された、2018年3月創設の西部方面隊直属(平時第8師団隷属)の西部方面特科連隊隷下、第301ミサイル中隊が、奄美大島に配備されると推測されている。