ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

実は辺野古目そらし作戦だった?

www.labornetjp.org

・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
================================
2019年、あけましておめでとうございます。

昨年暮れから韓国の駆逐艦による自衛隊哨戒機に対する
レーダー問題では、マスコミのほとんが
安倍政権と同じ立場に立って韓国を批判しています。

しかし、映像を見た限りでは、
自衛隊機が韓国の艦艇近くを飛んでいることは明らかです。
これだけ近くを飛べば、挑発行為と受け取られても当然です。

照射行為があったか無かったについては
双方で意見が違うようですが、
速度の遅い船が、速度の速い飛行機に向かっていく、
などとは考えられません。
自衛隊機が韓国の艦艇に向かって行かなければ、
恐らく何もなかったと思います。

そして、最大の問題は、この映像を公開することについて、
当初、防衛省は否定的だったのに、
安倍首相が強引に公開させたと報じられていることです。

ではなぜ、安倍首相は強行に公開させたのでしょうか。
それは、この間の様々な動きを見ると
理解できるのではないでしょうか。

第一に、韓国でキャンドル革命が起き、
文在寅政権が誕生、朝鮮半島で南北融和が進んだことです。
これによって、安倍首相が軍拡と改憲の大きな理由としていた
北朝鮮脅威論が通らなくなりました。
しかも、南北融和は着実に進みつつあります。

第二に、文政権がこの間、安倍政権が否定する
慰安婦や徴用工問題での謝罪・賠償に対して、
韓国の被害者の立場で動いているからです。
南北融和が進めば、韓国と北朝鮮は手を結び、
植民地支配に対して謝罪しようとしない
安倍政権に対し、さらに強い姿勢で臨むようになるでしょう。

ですから、安倍政権は文政権を許せないのです。
できれば、以前の朴政権のような政権を望んでいるのです。

第三には、辺野古への土砂投入です。
12月14日に辺野古への度し投入を強行した
安倍政権に対する批判が強まり、
支持率も低下しつつあります。
12月18日には、 タレントのローラさん(28)も
自身のインスタグラムで、
辺野古への移設工事を止めるよう求める
嘆願書への賛同署名を呼びかけました。
するとすぐに目標の10万を超えました。
安倍政権にとっては、これが脅威なのです。

ですから、安倍首相は、
「できれば、人々の眼を辺野古からそらしたい」
と考えたのだろうと思います。

以上の理由から、
安倍首相は「レーダー照射問題」に飛びついて、
当初否定的だった防衛省の意見を聞かず、
強行に公開させたのです。

そうしたところ、多くのマスコミはそれに乗っかって
毎日のようにそれを取り上げ、
辺野古への土砂投入のニュースは殆ど流れなくなりました。
また、出て来るのも軍事評論家のような人ばかりで、
その政治的背景や安倍首相の狙いについて
語るような人は殆ど出てこない有様です。

戦前、日本帝国主義は、柳条湖事件
盧溝橋事件などをでっちあげ、侵略戦争に突入しました。
今も、同じようなことが起きつつあると思います。
しかも、今度は、防衛省ではなく首相が先頭に立っているのです。「以下略」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

渡部通信 : レーダー照射と辺野古土砂投入抗議官邸前集会