ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

www.data-max.co.jp

日本政治はすでに賞味期限も消費期限も切れている
(1)首藤信彦・市民政治バンド「共和バンド」代表(元衆議院議員東海大学教授)


首藤 信彦 氏
 まず口火を切ったのは、首藤信彦氏である。首藤氏は、安倍政権発足以後の「官僚の復権」「内務省化した警察権力」「政治の広報化」「メディア支配」から、近々の「戦争法」「共謀罪」「モリカケ」「憲法9条」までさまざまな事例を挙げ「日本政治はすでに賞味期限も消費期限も切れている」と喝破した。東西冷戦構造の申し子である自民党イデオロギーを失った(Identity Crisisに陥った)社会党共産党はもちろん、民主党など多くの野党も迷走を繰り返している。日本政治は、たとえ時間がかかっても、思い切って基本に戻って、政治哲学から考え直し、新しい政治理念で、政治を再度組立て直す必要がある。首藤氏は、その新しい政治理念として、今世界で注目されている「共和主義」(コミュニタリアニズム)を提唱した。共和主義とは、人々の公共的美徳(関心・行動)に基づく自己統治により、公共善を実現しようとする政治思想である。

 

それは言えてるな!