ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

海賊対策など嘘っぱちだ!

headlines.yahoo.co.jp

権利者の許可なくインターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする方針が13日、文化審議会著作権分科会で了承された。「スクリーンショット」も対象となり、一般のネット利用に影響が大きいことから反対意見が出ていた。悪質な行為には罰則もつける方向で、文化庁は開会中の通常国会著作権法の改正案を提出する。早ければ来年から施行となる見込み。「中略」

著作権侵害だと確定的に知っていた場合に限って違法となるが「ネット利用が萎縮する」と批判が起きていた。

 ただ、刑事罰の対象範囲については、著作権分科会の法制・基本問題小委員会で「国民の日常的な私生活上の幅広い行為が対象になる」ため慎重さを求める声が相次ぎ、「被害実態を踏まえた海賊版対策に必要な範囲で、刑事罰による抑止を行う必要性が高い悪質な行為に限定する」こととした。いわゆる「海賊版サイト」からのダウンロード▽原作をそのまま丸ごと複製する場合▽権利者に実害がある場合▽反復継続して繰り返す行為――などを念頭に、今後文化庁が要件を絞り込む。

著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

 

www.asahi.com

著作権を侵害したものだと知りながら、インターネット上の漫画や論文などをダウンロードしたり、画像として保存する「スクリーンショット」をしたりする行為を違法とする著作権法の改正方針。これに対し、本来、「被害者」であるはずの漫画家から反対の声が上がっている。その理由とは――。「中略」

風と木の詩(うた)」などの人気作がある漫画家で、京都精華大教授の竹宮恵子さんは、自身が会長を務める「日本マンガ学会」が法改正への反対声明を出したことを紹介。漫画そのものだけでなく、同人誌即売会「コミックマーケット」に代表される漫画のスピンオフ作品など「二次創作コミュニティー」を社会的に読み解く研究について、「著作権侵害になる可能性がある画像も含めて集めることから始まる」と説明。研究者としての立場から懸念を表明した。「以下略」

海賊版DLの違法化、漫画家も反対「ちょっと行き過ぎ」:朝日新聞デジタル

 

digital.asahi.com

海賊版だと知りながらインターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツをダウンロードする行為を違法化しようと、文化庁が異例の急ピッチで作業を進めている。わずか5回の審議で週内にも議論を終える方針だ。一般のネット利用者への影響が大きい割に議論が拙速だとの批判が強まっている。「中略」

 

「国民の日常のネット利用に刑事罰が及ぶ可能性があるのに、議事録すら公開しないままパブコメを募る進め方は乱暴だ」と木下昌彦・神戸大大学院准教授(憲法)は指摘する。海賊版対策で打ち出したサイトブロッキング(接続遮断)の法制化がいったん断念に追い込まれた直後だけに「政府が体面を維持するために代わりの法整備を急いでいるようにすら見える」。

 

 ■低い実効性、抑止力に疑問も

 ネット利用が萎縮すると反発する声に対し、文化庁は違法化を「海賊版だと確定的に知っている場合」に限っており、法が「厳格に解釈・運用されることが重要」だと強調する。

 出版社などで作るコンテンツ海外流通促進機構も、すでに違法化された音楽や映像分野で萎縮効果の「確たる事例」は報告されていないと主張。「ネット上の表現行為に対する悪影響が生じる可能性は極めて低い」とのパブコメを出して反対意見を牽制(けんせい)している。

 だが20日夜、東京・池袋で開かれた集会で大屋雄裕慶応大教授(法哲学)は「実効性がなく、規範的な宣言をするメッセージ性だけのための法律だ」と警鐘を鳴らした。

 警察などが別件逮捕の材料にすることはありうるが、実際に立件される可能性は低いと大屋教授は見ており、「そうなると法に抑止効果があるのかも疑問だ。これでは、法に対する信頼や法の機能を損ねてしまう」。(上田真由美)

海賊版利用、「一刀両断」に批判 ネット上のすべて違法化、「議論拙速」:朝日新聞デジタル

 

不自由を認める著作権法改正など認めん!!

 

おまけ↓