ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

竹中平蔵は虫けら人間だ!正しい意味で生きるに値しない命だ!!

headlines.yahoo.co.jp

入管法改正、水道法改正案。これらの改革を主導し、また同時にこれらの改革の「果実」を得られるのが未来投資会議や規制改革推進会議などの諮問会議であり、その背後にいる竹中平蔵氏である。お仲間企業に利益をもたらす政策を自ら決める竹中氏の問題に、多くの大手メディアは沈黙したままだ。

 そんな中、2月22日発売の『月刊日本』3月号では、第四特集として「政商竹中平蔵の大罪」と題した特集を組んでいる。今回は同特集から、水道民営化に焦点を当てた森功氏の論考について転載、紹介したい。◆コンセッション推進の旗を振る竹中平蔵

── 自治体が水道事業の運営を民間企業に委託する「コンセッション方式」の導入を可能にする改正水道法が、2018年12月に成立しました。これを主導したのが、人材派遣会社パソナ会長の竹中平蔵氏です。

森功氏(以下、森):竹中氏は、早い時期からコンセッションの旗を振ってきました。2103年4月3日の「産業競争力会議」(現未来投資会議)のテーマ別会合で、竹中氏は「官業の民間開放としてのコンセッションを今までとは違うスケールで進める」と語っていました。以来、水道や空港のコンセッションが加速していったのです。

 竹中氏は、2014年5月19日の第5回経済財政諮問会議産業競争力会議合同会議では、少なくとも、空港6件、下水道6件、有料道路1件、水道6件のコンセッション導入という数値目標を提案しています。

── これまで、竹中氏は労働分野の規制改革や外国人労働者の受け入れ規制の緩和などで、自ら会長を務めるパソナに利益誘導していると批判されてきました。公共サービスの民営化でも、竹中氏は関係企業に利益誘導しているように見えます。

森:2018年4月に、浜松市は全国で初めて下水道のコンセッションを採用しましたが、運営するのは「浜松ウォーターシンフォニー」という会社です。ここには、世界の水を支配するフランス水メジャーヴェオリア社とともに、竹中氏が社外取締役を務めるオリックスも出資しています。小泉政権時代に竹中氏とともに規制改革を主導したのが、オリックス宮内義彦氏です。コンセッションによって参入し、利益を得るのは外資系企業や竹中氏のお仲間企業ばかりです。

「中略」

 2016年1月28日には、第1回のPPP/PFI推進タスクフォース全体会合が開催されましたが、その議長代理を務めることになったのが、福田氏です。彼は同月1日付で官房長官補佐官に就任し、その存在感を印象づけました。竹中氏の推薦があったと推測されます。竹中氏は、福田氏とともに水道コンセッションを本格化するための制度改革を進めました。◆水道コンセッションとフランス水メジャーの影

── 水道法改正案審議入り直前の2018年11月に、福田氏は官房長官補佐官を辞任しています。

森:福田氏とフランス水メジャーの癒着を示唆する怪文書が流れたからだと言われています。

 その怪文書には、2017年6月に福田氏が行った欧州水道視察の日程概要が書かれています。そこには、ボルドーやカンヌが訪問地として出てきます。内閣府側は、「問題になるような接待は確認できていない」と述べていますが、「視察と称して観光地に遊びに行ったようなものだ」との声も聞かれます。

 内閣府としては、水道法改正案の審議を控えて、火種になりかねないということで、福田氏を避難させたということでしょう。「中略」◆水道料金の高騰を招く民営化

── 水道民営化は各国で試みられましたが、水道料金の高騰やサービスの低下をもたらすなど、ことごとく失敗し、再公営化されています。民営化された後、再公営化された事例は、2000年から14年の期間だけで、35カ国で180件ありました。ところが、水道法改正に当たって政府が調査した失敗事例はわずか3件でした。

森:民営化推進派は、「役人はコスト意識が低い。民間にやらせないとインセンティブが働かない」などと主張していますが、民営化は魔法の杖ではありません。条件が整わなければ民営化してもうまくいくとは限りません。しかも、水道事業は黒字化が難しいのです。

 水道を民営化すれば、競争原理が働いて料金が下がると喧伝されていますが、世界の水メジャーは、ヴェオリアなど3社による寡占状態です。寡占状態では競争は起こりません。水道民営化が進めば、日本でも水道料金の高騰を招く可能性があります。

 また、日本の地方自治体は、水道事業における非常に高い技術とノウハウを蓄積してきました。しかし、一度民営化してしまえば、そうしたノウハウが失われてしまいます。

「中略」
◆政策決定を主導する諮問会議


── 水道法だけではなく、入管法改正、漁業法改正など、諮問会議の方針に沿った制度改革が加速しています。

森:かつては、例えば労働法制の改革であれば、労働側を含めた多様な立場の専門家が政府の委員会や私的諮問会議に出席し、その意見を聞いて議論が進められていました。ところが現在、国の形を変える大きな制度改革について、政権が都合のいい専門家の議員を選び、その諮問会議が方針を決め、それが閣議決定され、法案化されるという流れです。

── 任期満了となる経済財政諮問会議間議員2人に代わり、竹中氏に近い、慶応大大学院の竹森俊平教授と東大大学院の柳川範之教授が新たに起用されることになりました。

森:第二次安倍政権で、竹中氏は経済財政諮問会議間議員には就けなかったものの、産業競争力会議(現未来投資会議)の民間議員となって、規制改革を主導しました。経済財政諮問会議にも自分に近い人物を送り込むことで、さらに規制改革を加速させる狙いなのでしょう。

 諮問会議で方針が決まってしまえば、野党に力がないために、国会では十分な議論を経ることなく法案が通過してしまいます。こうした状況を変えなければなりません。政府が出す法案の問題点を十分に指摘しないマスメディアの責任も重いと思います。

(聞き手・構成 坪内隆彦)

 

水道民営化という『私物化』。「政商」として暗躍する竹中平蔵<森功氏>(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース

あえて言おう、竹中平蔵は虫けら人間だ!正しい意味で生きるに値しない命だ!!Takenaka Heizo 1-1.jpg

水道民営化という『私物化』。「政商」として暗躍する竹中平蔵<森功氏>(HARBOR BUSINESS Online)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

 

chi*****

 |  

竹中と言う人物は、人間として信用できない。

 

NHKは電波の押売り平均年収1200万円

 | 

匿名でしか批判できないおまえらのほうが信頼できない

 

tan*****

 | 

入管法改正、水道法改正、派遣法改正
国民の生活を悪化させて暴利をむさぼる竹中平蔵は死神そのもの

 

santal

 |  

昔から、世界中の都市や村が水を確保するために人力で水路を開いたという話を聞いているじゃないか。幸いにして日本は美味しい水に恵まれている。これは、何を犠牲にしても確保し、皆に行き渡らせなければならない。例え学校や介護やその他もろもろを犠牲にしても…。そういう分野に金儲けや利権をもくろんで人が入っ来るのは看過できない。お金が無くなっても確保すべき、スーパー、トッププライオリティの話。

 

ema*****

 |  

竹中さんという人は、正社員を日本から減らし、派遣社員を増やす様にと派遣法を作って低賃金層の人間を増やしたくれた。またここで、水道民営化をして、安価で得られていたきれいな水を台無しにしてしまうのではないかと不安だ。多くの海外では、民営化で失敗して、質が悪いのに高価な水道になってしまったので、再び公共事業に戻したという。その際、違約金として高額を請求されたとそうだ。水道民営化がまた竹中さんが関係していると聞いて、また住みずらい日本にされてしまうのではないかととても憂鬱になった。

 

nor*****

 |  

まあ米国流にいうと「ロビイスト」ってとこだが、このオッサンが汚いのは自分達の都合の良い改正(改悪)やって更にそのあとも居残って利益を貪ろうとしてる精神。
正規就業者を減らし派遣に置き換え企業の人件費の流動化を応援した見返りに「パソナ」会長職を得て、ウハウハ。
ホントの改革者は改革が多くの人々に一種の苦難を与えた結果のものという認識があるから、改革後は自ら身を引くもの
それが居残り、利益存分吸って、まだまだ吸おうという泥棒根性丸出し。 武器商人と一緒のような存在。

 

isl*****

 |  

郵政民営化と違って水道は民営化したら料金格差はとんでもないことになるし整備されるとことされないとこれ沢山出てきます。

悪法になるでしようね。

お金の無い田舎に行けば行くほど悲惨になります。」

 

tar*****

 |  

中国資本が1円でも入ってたら日本終わるな。

 

100taro

 |  

竹中氏が小泉内閣時代に仕込んだアメリカ資本案件が
次々と 果実をつけているという「印象」。
印象操作するつもりは無いが、将来へ付けを廻すような
大きな案件が多い。

勿論世界的な資金のダブつきという背景があってだが、
水道に限らず 郵貯アフラックの提携は 小泉時代から
アメリカの要請で その資産を解体するべく圧力がかかっ
ていたのだと思う。

2020年を前後して 大規模再開発プロジェクトが目白押し
で かなり古くから 計画されたものがある反面、比較的
近年形になったものも多い。

ファンドは中々表で見えづらい。
表では日本の大手企業が ファンドマネジメントしても
どこの投資資金かは 海外の子会社孫会社など 分かり
づらい。
泉岳寺の再開発なんて ホントにあの規模必要?
渋谷の資金調達の美味しい所はどこなのか。
将来人口が減る見込みで、渋谷迂回路線が活発になる
中、未来にあの地下必要?

 

tit*****

 |  

竹中平蔵、この人が就職氷河期を作り中年フリーターが
世の中に溢れ、日本経済までも潰しつつあるのにパナをはじめ、いまだに需要があるのが不思議すぎる。国のことより自分の会社のことしか考えない人が多いということか。

 

などなど。