ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

許すな!ラウンドアップ!!

ã¤ã¡ã¼ã¸ 1

 

f:id:davidsunrise:20190311214604p:plain

日本でも収穫前にラウンドアップが国産大豆でも撒かれていることが明らかになりました。   北海道と福岡県では間違いありません。ホクレンの農家へのチラシを読んでください。(写真)   大豆の栽培では畝間の土を農機具で土で覆えば雑草は生えてこないのですが、岐阜県では大豆雑草の中耕、土寄せ禁止、適期間に除草剤散布をと日本農業新聞に。   ラウンドアップを国産大豆にも散布させるのでしょうか、実はそれだけではないのです。   1年少し前になりますが、日本だけはこっそりと、 残留農薬の基準を小麦では6倍、蕎麦では150倍、菜種などの油脂類では400倍に緩和したのです。   小麦、大豆、菜種も収穫前に散布されるおそれが生じて来ました。もし関する情報がありましたら教えてください。   最近 中国が米国からの小麦の輸入を制限、カナダからの菜種の輸入を禁止しました 。   日本の新聞では日米の貿易紛争、カナダとはファーウェイ(AI)の報復の為だと報道していますが、そうではありません。   最近、中国は国民の健康を守るためにグリホサートの残留農薬基準を0.2 ppmまで厳しくして、輸入農産物から収穫前のラウンドアップ散布を回避したのです。   ちなみに、中国もロシアも遺伝子組み換えの栽培には除草のためラウンドアップは避けられませんが、実は遺伝子組み換え作物そのものの栽培を止始めたのです。   直ぐにはそうならないでしょうが、日本は逆に遺伝子組み換え作物もグリホサートも安全だとしてこれから国民に周知徹底させると述べています。「中略」福岡県の宇美町では町がラウンドアップの使用を禁止しました。   市町村で収穫前のラウンドアップの散布を禁止すれば、法律がない、最高規範として法的拘束力を持ちます。   闘いはこれからです。地方から政治を変えましょう。   そして、グリホサート系統の除草剤、ラウンドアップだけでなく草取り君等700種類程がホームセンターや100円ショップで販売されています。 みんなで一斉に、抗議の文書、FAXを送りましょう。

ameblo.jp

さあ、遺伝子組み換えもぐりサポートも許すな!!!!!