ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

軍事関連

www.facebook.com

動画を見れば、歓迎行事の状況は一目瞭然だと思います。万歳三唱は練習した感じですね。同じ南西諸島ながら、沖縄との意識の差などが明確に可視化されたと思います。隊員も住民も、皆、基本的に悪意が無いから厄介なんですね。特に末端の隊員は良い奴ばかりです。それ以上はご勘弁下さい。

琉球弧ピースネット公開グループ | Facebook

 

www.facebook.com

 

山口県萩市に配備が予定されている陸上自衛隊イージス・アショア設置反対に取り組んでいるアジア共同行動・日本連(AWC)メンバーの友人が、3月13日に建設予定地で行われた説明会に参加しました。
 その報告です。

(ここから)

 昨日、3月13日演習場内外(B地点、G地点)の2か所
での、「中SAM」(陸自対空レーダー)を用いた実測調査と称する現地説明会に参加しました。

 本省電気通信担当(松田氏)が説明担当、G地点(いずみ集会)では、陸自のレーダー操作を受けて委託業者・三菱電機(株)がパソコン、モニタで実測するとした。

 結果は、0.000・・・1という電力束密度(mW/cm2)の値しか実測できず、机上計算の妥当性を実証したとう論法であった。また、(おそらく想定していたよりも)あまりにも、電力束密度が低いので、その理由を、間に森林があり遮蔽物になったとか、他の電波のノイズのためだとかの弁明だった。だから安全だとも述べた。

 そもそも、レーダーの対空迎角は、今回15度程度であり、メーンビーム、サイドローブととも、より高所の山肌に照射された可能性も推測される。

 人体への影響(ペースメーカーを付けている人など)への質問が出されたが、それに答えるものでなかった。

1,今回の実測調査においても、レーダーの出力については、「答えられません。」ということだった。

2,「365日24時間照射した場合も安全である。運輸省民間航空機の位置把握においても同様に24時間照射しているけど人体に安全であるから」という理由を述べた。(本多中国四国防衛局企画部長)
その場合でも、陸自レーダーの出力と民間航空機管制のレーダーの出力を比較して述べるものではなかった。

3,そして、イージス・アショアSバンド帯の人体への影響については、米軍から提供されるデーターをも、今回の実測で安全性が確認されれば、同じSバンド帯なので安全だとする論法を披露した。

(本田企画部長)

4、他にも、様々な質問意見(自衛隊法124条?1項など)ありました。

 可能であれば、3月13日13:00~の現地説明会や、その他に参加されたかたのご報告をお願いします。

5,「途中で、(波動力をつよめ)バンド帯を変えることは絶対にない」(本多企画部長)とも述べた。

資料の一部をご送付しています。

(ここまで)

 

反戦平和のための軍事問題研究公開グループ | Facebook