ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ゴー宣道場による週刊新潮4月18日号論

www.gosen-dojo.com

 

例の件でよしりん先生のコメントが載っている記事は、
本日発売の週刊新潮4月18日号、
『「小林よしのり」も呆れた!
 「伊藤詩織さん」に1億円払えと訴えた
 「安倍総理」ベッタリ記者』
という特集です!!

ジャーナリスト・伊藤詩織さんに対するレイプの証拠が揃い、逮捕状も出ていながら、当時の警視庁刑事部長(現在は警察庁ナンバー3まで出世!!)・中村格の決裁によって逮捕を免れた男が、よりによって、伊藤詩織氏に1億3000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしました!

この男はそれと前後してよしりん先生も名誉毀損で訴えるという蛮行に出ているのですが、週刊新潮記事はその経緯とともに、伊藤詩織さんとよしりん先生のコメントを掲載しています。
なお、「逮捕を免れた男」当人にも取材を依頼したものの、断られたようです。
この態度だけでも、どっちが正しいかは誰の目にも明らかだと思いますが。

とにかく、事この件に関しては、詩織さんが実名公表する前から報道している週刊新潮の記事が信頼できます。
また、「逮捕を免れた男」当人がいくら「独立不羈のジャーナリスト」を自称しようとも、平然と「『安倍総理』ベッタリ記者」と書き、その「ベッタリ記者」の発言を繰り返し繰り返し皮肉っているその意地の悪さも、事この件に関しては痛快です!

月刊Hanadaの花田紀凱編集長!
ぜひとも「私が伊藤詩織さんを反訴した理由」とかいうタイトルで、手記書かせてくださいね!
「ベッタリ記者」さんは、18年度以降は「無収入」で、「ジャーナリストとしての社会的生命を絶たれた」と反訴状で言ってるそうですよ!
いくらアレが不起訴になったから無実だと言い張っても、他のメディアが一切が一切使わないのは、みんなアレの言い分を信じてなくて、アレのお仲間だとは思われたら大ダメージになるという賢明な判断をしているからじゃないかと推察しますけれども、そんな中で、唯一手を差し伸べている勇気ある花田編集長こそ、アレをどんどん使って、一蓮托生の道を歩んでいただきたいと、心から望みます!!

なお今週の週刊新潮、この記事のすぐ次のページには
『娘を性のはけ口にした父が無罪という
バカ判決「裁判長」』
という特集記事が載ってます!

思わずやるな~と思ってしまいました。
レイプに寛容なバカ判決が連発される日本の司法はおかしい!
この件もどんどん追及してほしいものです。
事この件に関しては、週刊新潮の姿勢を支持します!

事この件に関しては、週刊新潮支持! | ゴー宣ネット道場

 

www.gosen-dojo.com

今日発売の「週刊新潮」に伊藤詩織氏が「逮捕を免れた男」
に反訴された件で、記事が載っている。
わしのインタビュー・コメントも載っている。
週刊新潮」は訴えられていないのに、よくやったな。

しかし、あらためて訴える順番が無茶苦茶だな。
まず小林よしのりを訴えて、次が伊藤詩織、週刊新潮
まだって、一体、どういう基準なの?

「HANADA」やネトウヨはせっせと「逮捕を免れた男」
を擁護しなきゃ!
また手記を書かせろよ。トップ扱いでな。

 

週刊新潮に例の件でわしのコメント載ってるよ | ゴー宣ネット道場

 

www.gosen-dojo.com

週刊新潮』の記事読んだ。
「伊藤詩織さんに1億円払えと訴えた『安倍』総理ベッタリ記者」
まったく意を介さない勢いで報じてくれるからすごい。

山口氏の著書『総理』の“要約”からはじまるこの記事、
配信中のライジングでも書いたけど、山口氏の言い分から
損害賠償請求額から、いかに無理筋かがよくわかるなあ。

記事を読んでいて思い出したけど、
山口氏って、事件後の詩織さんへのメールには、
詩織さんのほうから山口氏のベッドに入って来たという風に
言って
おきながら、
裁判の陳述書では、正反対かつ別の物語を綴っているんですよ。
ここはまたライジングで書こう。

また、山口氏は裁判所に
「『週刊新潮』によっていかに自分は打撃を与えられたのか」を
説明するために、中吊り広告の画像まで提出しているんだけど、
だったらどうして訴える順序が、「まず、週刊新潮」じゃなくて
「まず、小林よしのり」なのかますます意味がわからない……。

 

今号の『週刊新潮』は、安倍ベッタリ記者特集につづく、
娘を犯し続けた父親に無罪判決という特集には本当に驚愕した。
これは読んだほうがいいと思う。

娘は、小学生の頃から、父親に殴ったり蹴られたりされ、
しかし、母親とは不仲で被害を受けていることを相談できず、
そして、中学2年生から高校卒業するまでの間、父親に強姦され
つづけていたという。
抵抗すると殴られたり蹴られたり、踏みつけられたりし、
また、
専門学校の学費と生活費を返済するよう言われていたそうだ。

判決は、
「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」
として無罪に。
いまの日本の法律では「抵抗しようと思えばできたのではないか」
と解釈されてしまう部分があるらしく、
「法律」を杓子定規に当てはめると『疑わしきは被告人の利益に』
ということで、一般の道徳観念からかけ離れた判決に至るという
ことが起きるようだ。

法律を無視するわけにはいかないという理屈はわかる。
ただ、
やっぱり法律によって「人間」が無視されるわけには
いかないと思うから、

強姦・準強姦に関する日本のいまの法律には不備があるのでは
ないか、という議論は起きたほうがいいと思う。
これは伊藤詩織さんのジャーナリストとしての活動につながって
いることだろう。

週刊新潮、伊藤詩織さん記事&娘強姦無罪の記事 | ゴー宣ネット道場

 

ボロクソ発言してるなゴー宣道場!そして不自由主義者政府の犬山口!!呪いごぶっ殺されるんだ!!!!