ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

headlines.yahoo.co.jp

【「45歳以上のリストラ」を実施している8企業】※カッコ内の日付は発表日

NEC(2018/6/29)/目標:2019年春までに3000人
 希望退職者を募集。対象は、グループ会社で「間接部門」や「ハードウエア領域の特定部門」に在籍している、「45歳以上かつ勤続5年以上」の従業員。
 2018年10月29日から11月9日にかけて募集し、12月28日付で2170人が応募した。続けて2019年3月まで、400人の希望退職を募集していた。これまでにも、2012年に1万人のリストラを実施している。

エーザイ(2018/10/25)/目標:2019年3月までに100人、2020年、2021年に追加予定
「45歳以上で勤続5年以上の従業員」を対象とする、早期退職を募集。100人程度の応募を見込んでいたが、2018年12月までに約300人の応募があった。
 募集期間は、2018年12月11日~21日で、2019年3月までに退職。今後さらに2020年3月末、2021年3月末に退職する追加の早期退職を想定している。同社は、「新卒採用を2倍に増やし、組織の若返りを目指す」と説明している。

日本ハム(2018/10/31)/目標:2019年10月15日までに200人
「45歳以上」の社員を対象に、子会社への出向を含む全社員の、約1割にあたる200人を上限に、早期退職者を募集。通常の退職金に加算金を上乗せする、既存の「選択定年制度」を、時限的に拡充する形で実施した。
 募集期間は2019年5月~6月で、退職日は2019年10月15日の予定。40~50代の比率が高い、人員構成の適正化を進めて、収益力を高めるのが目的という。

アルペン(2019/1/9)/応募:2019年3月20日までに355人
アルペン」「スポーツデボ」「ゴルフ5」などの、スポーツ用品店を運営。収益性の改善に向けて、希望退職者を募集すると発表。同社としては初。
 対象は、退職日の2019年3月20日時点で、アルペンと子会社・ジャパーナに在籍している「45歳以上64歳未満」の社員。募集数は、連結従業員数約4000人の9%に相当する300人だったが、想定を2割上回る、355人が応募した。

カシオ計算機(2019/1/31)/応募:2019年3月までに156人
 創業以来初の、早期退職者の募集を発表。カメラ事業からの撤退など、構造改革を進めており、「人材パフォーマンス最大化施策の一環として」募集すると説明している。
 対象は、「国内営業部門」「スタッフ部門」に在籍する「勤続10年以上」の社員のうち、「45歳以上の一般社員」と「50歳以上の管理職」で合計700人。うち200人程度の応募を想定していたが、3月時点で156人が応募した。

協和発酵キリン(2019/2/5)/応募:2019年3月までに296人
 希望退職者の対象となるのは、「生産本部」に所属する社員を除く、「2019年4月1日時点で45歳以上かつ勤続5年以上」の社員。対象人員は全従業員の4割にあたる約1600人。同社が希望退職者を募集するのは初めてという。
 3月11日から28日まで募集し、296人が応募した。6月30日までの退職を予定している。

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2019/2/14)/目標:2019年4月中までに約700人
「45歳以上の社員」を対象に、希望退職者・約700人を募集する。人手不足による物流費の上昇で、利益の確保が難しいことが理由で、希望退職募集で人件費を約50億円削減できる見込み。
 3月11日~28日に受け付け、退職日は4月30日となる。特別退職加算金を支給するほか、再就職支援サービスを提供する。

富士通(2019/2/19)/応募:2019年1月末までに2850人
 2018年10月に、2020年度内を目途にグループ全体で、5000人規模の配置転換を実施する方針を打ち出した。2018年12月から、「45歳以上の正社員」と「定年後再雇用従業員」を対象に、希望退職と、グループ内の配置転換を募集。
 配置転換は、人事や総務、経理などの間接部門から、成長分野のITサービス事業に振り向ける。早期希望退職には、2019年1月末までに2850人が応募し、3月末までに会社を去った。


週刊FLASH 2019年4月30日号)

 

虫けら会社どもに天罰を与えたまえ!ビルが大爆発するほどの大惨事を呼び起こしたまえ!!

おまけ

早期退職しない限り面接が続き…「45歳以上クビ切り」横行中(SmartFLASH)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

wif*****

 |  

経営がうまくいかないのは経営陣の責任という自覚が無さすぎ。

本来なら恥ずべきこと

om1*****

 |  

景気が良くて人手不足のはずが上場企業がリストラをする。そして外国人労働者を喜んで受け入れしようとしてる状態は正常ですか?結局、役職者の残業代を正確に支払えば給料が上がり過ぎる、定年は延長させられる、残業はさせられない、休みは多く取らせなければならない....,。結局、個人が決めた働き方改革ではなくて、国が決めた働かせ方改革に経営者がついていけなくなった結果でしょうね。これだけ少子高齢化が進んで内需拡大が期待出来ない中、社会保障費を含む人件費の増加は会社の負担として大き過ぎると判断した経営者が多くなるのは当然です。

nxx*****

 |  

リストラの影響は辞めた本人や家族、残された従業員だけでなく、製品を使ってきたお客様にも影響が及ぶ。
特に、技術者がいなくなれば、故障や不具合が起きた際、修理ができる人がいない。
以前、ロボットAIBOの製作者らがリストラされ、作ったメーカーが修理ができず、リストラされた元技術者を引き取ったのが、別メーカーで、他社メーカーが引き取ったらAIBOの修理が復活し、お客様が喜んだという話を聞く。
家電の場合は故障や不具合が続けば、火事などを引き起こす可能性もある。
安易なリストラは企業のクビを絞めることにもつながると思うが。

hir*****

 |  

私は52歳で中小のブラック企業勤務で身体を壊して退職になってしまい再就職で苦戦してますが、大企業は40代でリストラですか。

人手不足と言いながら、これが今の日本の現実なんですね。
就職氷河期と言われた40代は、せっかく社員になれても今度はリストラが待っている。
もう日本の企業は40歳を過ぎた従業員はいらない!ってことなんでしょうか。

こういう状況をみて、今の20〜30代の方たちはどう思ってるのか知りたいです。
「私達には関係ないこと」と楽観しているのか、「いずれ自分たちもあんな目に合うのか」と危機感を感じているのか。

自戒の念をこめて思うのは「この会社にいても自分の成長にはつながらない」と感じたなら早めに次のステップを考えておいたほうが良いということです。

min*****

 |  

ダイバーシティなんていいながら結局は会社の意向に合わない社員は首を切られる。
本当に切らなければならないのは60過ぎた経営者たちだ。全ての経営者がそうだとは言わないが多くは自身の保身しか考えていない。

gho*****

 |  

うちの会社も同じ事をやってるな
でもその年代の社員は頑張って日銭を稼いでるよ。
本当にやめさせなければならないのは
それ以上の年齢の名ばかり役員達
高い給料をもらってるのに全く仕事をしない
切るべき人材を間違ってるよ

tar*****

 |  

私も過去この辺のリストラに巻き込まれた一人。しかし、私はその当時技術系派遣だった。そして、すぐに派遣で仕事が見つかった。次はもっと給料が良かった。そして、そこからフリーランスに転向した。
他にリストラされた正社員の人たちのその後を聞いてみると、かなり悲惨。特に50過ぎると特化したスキルでもない限り、転職出来ず、かといって派遣になる選択肢も持たず…いきなりアルバイトという人も多かった。
こういう経験をしたから、安定した雇用を謳う正社員に対して憧れはまったくない。
転職ありきの正社員というのが未だに世の中で認められていないのが不思議だ。
50まで同じ会社しか知らなかったら、リストラされた時のリスクが大き過ぎる。

har*****

 |  

狭い会議室に1対4で退職を強要するでしょうね。つるしあげですね。パワハラ。いじめ。世話した後輩までが課長に同調。面接を受ける社員はレコーダーをもって面接にいった方がいいです。裁判になったとき証拠になります。県の労働相談センター、組合のユニオン、弁護士にも相談するとよいです。奴隷根性が一番よくないです。法をもって理不尽な雇用主と戦いましょう。ギャフントいわせましょう。自分の権利を守れるのは自分だけです。

dor*****

 |  

某大手トイレメーカーが3年仕事をすれば社員になれると言って雇っていた人の年齢を分けていた、社員になれた人達は今年45歳を迎える昭和49~50年生ら、その上の年齢の人達は正社員にはなれなかった、しかも正社員になった人の中には仕事は不真面目、欠勤も多いトラブルメーカの者がいたという、正社員になれなかった1つ年上の人がこれについてかなり怒っていた、「年齢だけで見て、不真面目な人間が正社員になれるって会社はどこを見てるんだろう?真面目に仕事をしている自分達を年齢で切るとか」と・・・

それでも本人は派遣が切れていたけどまた持続で来てくれと会社から言われたので今年もこの会社に仕事へ行っているよ、今年46歳になる本人に就職を新たにする事はリスクが高いから仕方ない事なのだろうけど、年齢が40代以上は変化しにくいとか言ってるのは差別に当たる、逆に若いから根性がないというのも差別、能力や質は人それぞれだから

ゆいり

 |  

リストラが悪いとは思わない。悪いのは”希望退職”としてるところ。

出来れば無能、低能、働かない人を切ってくれるならこの制度は生きるんだけどね。
更に希望ですると、仕事が出来て仕事もする有能な人が辞めて他に移る事。
これが大企業の悪いところ。

そして、何でも全体責任としたがる上層部にも問題あるよ。
経営不振は誰が原因かちゃんと調査し、その部門に責任を取らせた方がいいよ。現場なのか、営業なのか、技術なのか、経営者なのか…。。
しわ寄せを一番弱い現場に擦り付け、尻拭いを皆でやるなんて可笑しいよ。

リストラは怖いけど、真面目にキチンと働いてる人には然るべき対応をして欲しいよ。
働かない人を養うのだけはやめて欲しい。
年齢とか性別、役職とか、、そんなので決めず、人の能力や業績、成果から見て欲しいよ。