ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

どうしん+マイナンバー

www.hokkaido-np.co.j

政府がマイナンバー(個人番号)カードを普及させようと躍起だ。その手法は拙速と言うほかない。

「中略」 番号はすでに国民に通知されている。なぜ、それが記載された新たなカードを保有する必要があるのか、政府の説明は乏しい。

 導入から約4年たってなお、利便性への不満や情報漏えいの不安は根強い。まずその解消が急務だ。

 それなのに、政府は国・地方の公務員に本年度末までのカード取得を求めている。

 普及策として、来年9月からはカードの保有者を対象に、キャッシュレス決済での新たなポイント還元も始める。そのために約2500億円を投じるという。

 課題解決は後回しで、カードの取得を半ば強制したり、普及のための予算をばらまいたりすることは認められない。

 カードには顔写真が付き、プライバシーとも深く結びついている。一方、番号の流出などマイナンバー関連の法律違反やその恐れがある事案は昨年度、134機関279件に上った。

 カードの取得率が15%程度にとどまっているのは、情報管理への懸念が大きい。

 政府は2022年度末にはほぼすべての人が保有することを目指しているが、実態を踏まえず、無理があろう。「中略」

政府はカード普及を急ぐ前に、公平な税制実現へ、大企業優遇の税制を見直すなど取り組むべきことが山ほどあるのではないか。