ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

半田滋の米軍一体化批判論・第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす

gendai.ismedia.jp

初の共同交戦能力(CEC)システム搭載

海上自衛隊にとって7隻目のイージス護衛艦「まや」が19日、横浜市のジャパンマリンユナイテッドから防衛省に引き渡された。自衛隊としては初めて共同交戦能力(Cooperative Engagement Capability=CEC)システムを搭載した武器となり、米軍との連携のあり方によっては、憲法で禁じられた「武力行使の一体化」の問題が浮上する。「中略」

石破氏は、CECが未完成であることを理由に議論の深入りを避けたが、すでに米軍がCECを完成させ、米艦艇ばかりでなく自衛隊のイージス護衛艦にまで搭載された現在、石破氏のいう通り「議論は当然違ってくる」はずである。

 

第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

懸念される「武力行使の一体化」

これまで日米艦艇をつないでいた「リンク11」や「リンク16」は互いの情報を交換し合うに過ぎず、相手が入手したレーダー情報をもとにミサイルを発射するなどの攻撃はできなかったが、CECは違う。例えば「まや」が入手したレーダー情報をもとに、CECを搭載した米駆逐艦がミサイルを発射し、敵を攻撃することができるのだ。

「単なる情報交換」から「腕力の相互運用」へと日米の連携は進化しており、「武力行使の一体化」の問題は避けられない。

どのような状況になれば、「武力行使の一体化」と認定されるのだろうか。「ミスター法制局長官」と呼ばれた大森政輔内閣法制局長官が示した「4条件」が、現在も有効とされている。

「(1)戦闘活動が行われている、または行われようとしている地点と当該行動がなされる場所との地理的関係、(2)当該行動等の具体的内容、(3)他国の武力の行使の任に当たる者との関係の密接性、(4)協力しようとする相手の活動の現況等、これらの諸般の事情を総合的に勘案して、個々的に判断さるべきものである」(1997年2月13日衆院予算委員会、番号は筆者)

CECによる情報提供は、上記「4条件」のすべてに該当する可能性があり、特に(2)と(3)が深く関わっていると考えられる。

なぜなら、かつて野呂田芳成防衛庁長官は「特定の国の武力行使を直接支援することのみを目的として、ある目標に方位何度何分、角度何度で撃てというような行為を行うことについては、憲法上問題を生ずる可能性があると考えている」(1999年4月26日衆院防衛指針特別委員会)と答弁しており、CECを通じて提供されるレーダー情報は「方位何度何分、角度何

 

第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

「まや」の就役は、日本と北朝鮮の終わりのない軍拡競争が、いっそう加速度を増していることの証でもある。

 

第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)PSX 20180730 221114.jpg

f:id:davidsunrise:20200322140531p:plain

これが第7のイージス艦・まや。日本を破滅させるかもしれない。最悪の場合だがな。

おまけ

第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす(現代ビジネス)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

 

kingcobra

 |  

旧社会党は、他国に脅威を与え憲法違反と難癖をつけ、自衛隊の戦闘機から空中給油装置、爆撃照準装置をわざわざ金をかけて外させた。
中国ソ連が日本に侵攻し易くするためにね。
同じことを、立憲民主党がやりそう。
米軍との連携機能を外せと。

  • toy*****

     | 

    社会党や民主党、日本を大陸支配下に置く為の政権でしたね。
    まだ残っているので注意が必要です。

  • 大蛇

     | 

    立憲民主と社民の違いがわからない

  • cse*****

     | 

    良いんじゃねぇ?
    憲法つくった本人がいいって言ってんだから…。

  • dk4*****

     | 

    お願いだからライダイハン問題の韓国だけは軍事情報共有しないでね(^_^)

    共有してもいいのは嘘の情報だけね!
    嘘情報は積極的に教えてあげて!

  • qsa*****

     | 

    まあ、中国がいるからね。もう無理よ。。きれいごとは。。
    さすがにもうわかったよね。今回のウイルステロで

    iam*****

     |  

    何を伝えたいのかよくわからない記事だ。まやは憲法違反の可能性があるとを言いたいのか、あるいは新しい防衛の要として期待しているのか。集団的自衛権が禁じられているのは事実だが、今日も北がミサイルを発射し、最近の中国の不穏な動きをみれば、日本が普通の国として防衛力を行使しようと準備することに何の疑問があると言うのか。まやの搭載VSLは迎撃が主任務だ。この時点で問題などない。

    • 下天は夢か

       | 

      マスコミは攻撃されれば、憲法違反なので国を守るな、丸腰でいろと言いたいかのような記事。

      野党も国防を考えずして政権を任せられると思っているのか、どうすれば国を守れるかを提案するべきだ。

    • arg*****

       | 

      自衛隊は何のためにあるのか、どんどん米軍の下請け化しているのではないか、という以前からある疑問を取り上げている記事だよ。
       今の海軍が、広域で一体化して(例えばミサイルの照準と発射を、日米の分業で)作戦するのは時代の趨勢。とは言え60年代頃とは違って、今の日本政府は対米追従のドクトリンしか無いから(本当だぞ)、ますます日本の自主性が損なわれるのは確かだね。

      >「とにかく脱皮を」
       何から?
      NATOだって、きょうび真の意味では米軍から自立などしていない。日米がデータリンクを介して共同で戦うことは、改憲とも地位協定とも直接の関係はない。もし自衛隊が陸海空軍と改称しても、CEC(共同交戦能力)は必ず持ち続けるよ。でなければ時代遅れになり、とても中国軍に対抗できないだろう。

    • kam*****

       | 

      安保条約がある時点で共同交戦は今さらじゃないでしょうか。冷戦期は有事に米軍の指揮下に入るのが大前提で、当時に比べればこれでもまだ自立した方だと思いますが。

    • drg*****

       | 

      とにかく脱皮を。
      つまり改憲し日本陸海空軍をフツーに持て。
      独立国なら軍隊をもて。
      都合よく自衛隊は軍隊じゃないとか言うな。

    • roy*****

       | 

      すまないがこれだけは書かせてくれ!V S LじゃなくてV L Sだぞ!

    • toy*****

       | 

      左巻きの足りない人が書いたんじゃない

      nah*****

       |  

      【我が国の憲法のみを過信し、憲法違反と自衛隊の装備体系に異論を述べる、不毛な議論は止めた方が良い。】軍拡競争と我が国の防衛を批判するのは筋違いだ。批判の鉾先を尖閣侵犯を繰り返す中国の軍拡、クリミア半島を武力と情報戦により奪い盗ったロシア、東京を火の海にすると言った北朝鮮に向けるべきだ。【防衛の本筋は、我が国独自が反撃力を強化し、相手に攻撃させる隙を与えないこと。これが抑止力だ。】国際社会の現実に、【憲法9条があれば、攻撃されない。非武装中立が国を守る。】という妄想が蔓延して、憲法学者・識者の多くが、自衛隊を批判する。防衛力の質的向上、量的充実が我が国独自の安全を守るのである。この記事は、論点がずれている。

       

      などなど。・