ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

サザエさん炎上は嘘だった!

サザエさん炎上

 

gendai.ismedia.jp

 

サザエさん』自体は燃えていない?

「『サザエさん』が炎上した」ことが話題だ。発端は4月26日の放送で、磯野家がGWにレジャーに行く計画を立てたり、動物園を訪れたりしたという内容が流れたこと。これに対し、「コロナで自粛の中、GWに出掛ける話なんてサザエさん不謹慎過ぎ!」などの批判が付き、炎上した、とのことである。

しかし、この件を最初に「デイリースポーツ」が取り上げて以降i、むしろ上記のような批判に対する批判の投稿が相次いだ。4月28日時点でも、Twitter上では「フィクションまで自粛しろというのか」「こんなことを本気で言っているならヤバい」「世の中息苦しい」などの声が多く投稿されている。

「中略」

なるほど、確かにアニメの登場人物がGW中に外出しようとしただけで「不謹慎」と指摘されるのは、非常に窮屈だと感じられる。2016年の熊本地震の時に話題になった、いわゆる「不謹慎狩り」のようだ。不謹慎狩りとは、災害など有事の際に、企業の通常の営業活動や、個人の何気ない発信が「不謹慎だ」と批判される現象である。

しかし、東京大学准教授の鳥海不二夫氏による調査iiは、この件について全く別の視点を示した。なんと、『サザエさん』が放送されてから最初にメディアで取り上げられるまでの数時間で、「不謹慎だ」と言って批判していた人は「たった11人」しかいなかったらしい。

事実、その後のツイートを筆者が確認しても、「不謹慎狩り」を批判する内容は大量に投稿されていたが、『サザエさん』自体を不謹慎な内容だと批判する投稿は、ほとんど皆無である。

 

『サザエさん』炎上はホント? コロナで加速「不謹慎狩り狩り」とは何か(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

SNS発のニュース」負の側面

たった11人の批判で炎上が発生し、さらにその炎上に対する批判がこれほど盛り上がるというのは、不可解な話だ。しかし現実にツイート数が急増していたことは、Yahoo!リアルタイム検索で見たツイート数推移からでも明らかである(図1)。

これを見ると、『サザエさん』放送時にはほとんど投稿されていなかった「サザエ 不謹慎」を含むツイートが、最初にメディアで報道されてから急増し、さらにその後インフルエンサーがそれらの記事に言及したことで、瞬く間に広まっていったことが分かる。

いやそんなはずはない、『サザエさん』を不謹慎と非難している人を見た!と思う読者の方も多いかもしれない。しかし、その記憶は本当に『サザエさん』を不謹慎と言っている人のツイートだったのだろうか。もしかしたら、そう報じているメディアを引用した投稿や、見出しを見ただけではないだろうか。

「中略」

昨今のメディアは、マスメディアまで含めてSNSの投稿やトレンドを見ており、ネットの騒動を取り上げることで多くの人の注意をひこうとしている面がある。SNS上の投稿や有名人のちょっとした書き込みをもとに、センセーショナルな見出しを付けて報じることも珍しくなくなった。

そうすると、以前ならSNS上の「ぼやき」で終わっていた投稿が、多数の閲覧者を抱えるメディアで取り上げられ、今度は「メディアの情報ソース付きで」SNS上で拡散されることになる。SNSで話題になると、さらにほかのメディアも食いついて報じる。このように、SNS⇒メディア⇒SNS⇒メディアと繰り返す中で、雪だるま式に閲覧者が増えていくのだ。

『サザエさん』炎上はホント? コロナで加速「不謹慎狩り狩り」とは何か(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社(2/5)

「『不謹慎狩り』狩り」が始まっている

「不謹慎」の歴史は意外に長い。ネット上で不謹慎という単語が多く使われだしたきっかけは、2011年の東日本大震災だ。

検索回数の推移を見ると、2011年3月に極端に増加した後は、平常時でも検索回数が多くなっていることが分かる。不謹慎というワードがネットに定着したといえる(図2)。

図2「不謹慎」検索回数指標(ピークを100とした指標)viii

その後爆発的に増えたのが、2016年4月の熊本地震の時だ。そして今、このコロナ禍が始まった2020年の2月頃から、不謹慎というワードの検索回数が急激に増加し続けていることが分かる。

しかし、これら「3つの山」の様子はそれぞれ異なっている

 

『サザエさん』炎上はホント? コロナで加速「不謹慎狩り狩り」とは何か(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社(3/5)

 

今、新型コロナの感染拡大と長引く外出自粛で、多くの人が閉塞感を抱いている。生活と経済状況に不安を抱える人が増え、ストレス発散できる手段も限られている。人はこういう時には、誰かのせいにしたり、誰かを批判したりしたくなるものだ。

自分の正義の基準にそぐわない人を叩く行為によって、脳内でドーパミンが分泌され、快楽が得られることが指摘されているix

だからこそ、一歩引いてみよう。「いま見ている情報は偏っているかもしれない」「わざわざ世界に発信するほどのことではないかもしれない」。一人一人がすこし間を置くだけで、社会の窮屈さはぐっと軽減されるのだ。発信力のある著名人は、特に気を付ける必要がある。

もう1つ、メディアの役割も無視できない。今回の件でいえば、最初に報じられた記事では「ちょっとした“炎上”状態に」なっていると書かれていた。これがフェイクニュースかどうか判断するのは難しい。なぜなら、「ネット炎上」には明確な数の基準や定義がないからである。

しかしそうした報道の結果として、SNS上で批判の嵐が吹き荒れ、不寛容な空気が生まれることに繋がってしまったのは事実だ。いまこそメディアの役割をもう一度見つめなおし、いたずらに怒りや対立を促して、社会を煽らないようにする必要があるだろう。

『サザエさん』炎上はホント? コロナで加速「不謹慎狩り狩り」とは何か(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社(5/5)

 

結論。サザエさん炎上は嘘だった!なお、Yahooでもよく似た記事あります。↓

news.yahoo.co.jp