ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

砂川判決

極めて政治性の高い国家行為は、裁判所が是非を論じる対象にならない――。この「統治行為論」を採用した先例と言われる砂川事件最高裁判決で、言い渡しの直前に、裁判官たちを補佐する調査官名で判決の原案を批判するメモが書かれていたことがわかった。メモは「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない」とし、統治行為論最高裁の「多数意見」と言えるのかと疑問を呈している。 【写真】「包容の対象を誤っている」と書かれたメモ。テキストで全文も  統治行為論はその後、政治判断を丸のみするよう裁判所に求める理屈として国側が使ってきたが、その正当性が問い直されそうだ。

 

news.yahoo.co.jp

 

砂川判決はアメリカ政府が日本の裁判所に圧力をかけて不当裁判(不正裁判)判決でもあります。ある意味いわくつきの不正裁判なのです。

mainichi.jp

ja.wikipedia.org

kotobank.jp