ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

事実上のリベラル批判

「「猿以下」「クズ」「カス」「ゴミ」「掃きだめ」「死んだほうが良い」などと、公の場や媒体で発信すること自体、責任ある言論人としては常軌を逸しているとしか言いようがない。これをヘイトスピーチといわずして何なのだろうか。この手の発信が、リベラルであろう学者や法律家から発されるのを見ると、最近では哀しみすら覚える。
 憲法論議などでは「相手の土俵に乗らない」ことに躍起な人々が、このような罵詈雑言では容易にヘイトスピーチの「土俵に乗る」ことが正当化されているのか。そのダブルスタンダードは、自らの言論の価値や信用性を明らかに貶(おとし)めていることを自覚した方がよい。」
 
要は自称リベラルが中身も方法もリベラル(自由、寛容、多様)じゃないんだよね。
 
このあたりを自覚して、全能感を捨てて、対立ではなくオルタナティブに昇華していかなければ、日本にはリベラルが育たないのでは、という思いです。

 

www.gosen-dojo.com

 

ほぼ完全にリベラル批判だな。