ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

あえていおうよしりんよ、何が戦えるのは常に今のうちだ!

新型コロナの自粛自滅や、香港の民主主義終焉を
見ると、大衆は狂った公共性に抵抗するより、
諦めて慣れてしまう道を選ぶものだという当たり前の
現実を再確認するしかない。

暴力や死の恐怖の前に人間は無力である。
極限状況では、自由より秩序、自由より豊かさを選ぶ
のが人間の弱さであって、権力はそれを見透かして
露骨にアメとムチを使い分けてくる。

その構造自体が分かっていても、人間は畜群と化して
秩序を口実に平穏と豊かさを選ぶ。

だが、日本の新コロ自粛の場合、1年、2年くらいなら
狂った公共性を受容できると思う者が大多数なのかも
しれない。
ところが、その1年、2年の被害は想像を超えるもの
になると気づく強者は、狂った公共性を受容している
わけにはいかないと今のうちに戦う。

戦えるのは常に今のうちだ。
香港はそれに気づくのが遅かった。

www.gosen-dojo.com

あえていおう、何が戦えるのは常に今のうちだ!よしりんよ、絶望あおってるだけなんだよ。頭悪いなよ小林よしのり!!!!!