ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

アメリカ大統領選挙、ついにけりがついた!

 

バイデンが数日間の接戦の末にトランプを倒したか。ふざけんな!バイデンじゃ中国政府に対抗できるだけの力持ってない!!そしてYahoo!知恵袋でこんな意見も。↓

 

ポン太郎さん

2020/11/8 8:15

日本のウイグル化ですよ。 日本を中国の一部だとし、逆らう者は再教育施設に送られ中共幹部のための臓器移植提供者として餌付けさせられる。 順番が来たら新鮮な臓器を直ぐ提供させられるという事。 チベットに対しても同じ事やってるな。 他の地域の社会体制は少しずつ進化しているが、あの辺の国は何千年も前の体制を他国に強制しようとしている。 社会を逆戻りさせようとしているのが問題なのだ。 いまだに論理的ではなく面子にこだわる時代遅れの価値観、嘘によって歴史を変えてしまう文化、金さえ積めばどうにでもなると思っている、それが問題なのもわからないあの国の国民。 今の習近平を見てればわかるだろう?

dah********さん

2020/11/8 8:03

まあ、4年前にトランプ氏が大統領に決まった時も、 今と同じように「日本終わる」って騒いでましたからねw 大統領選でのトランプは、明確に日本を敵視して、「在日米軍の駐留費を100%日本が負担しないなら在日米軍撤退」と言ってましたからね~。 当時のヤフコメでも知恵袋でも、 「トランプは商売人だから、中国とのディールで尖閣も売られる」なんて言われてましたw なんとか安倍前首相がトランプを上手く扱ってくれたけど、 これからは、トランプの一言一言に怯えるような不確実性も減るんじゃないですかね? ネットでは「米民主党は日本に冷たいから尖閣も中国に盗られる」と言われてますが、 バイデン氏はオバマ政権の副大統領でしたが、 これまで尖閣に関してアメリカは「他国の領土問題には関与しない」とスルーしてきましたが、 初めて「尖閣の施政権は日本にある」「尖閣日米安保の範囲内」と宣言したのは、オバマ政権なのです。(宣言させたのは安倍首相です) また、中国の南シナ海への侵出に対して、「航行の自由作戦」を発動して米艦隊を派遣したのも、オバマ政権です。 前述の通り、バイデンはオバマ政権の副大統領なので、 オバマ政権を継承してくれるならば、 そこまで「日本終わる」ではないんじゃないかな?と楽観視しています。 ネットで「米民主党媚中だから~」と言われますが、 中国が日本より下だった時代(2010年で日本は中国に抜かれました)まではそうだったかもしれませんが、 今は、そのアメリカが中国から覇権を奪われる直前まで来ています。 バイデン政権になっても、みすみす中国に利するような事はさすがに無いのでは?と思っています。 私も、「トランプ意外と良いヤツだった」というギャップからか、トランプ敗北は少し残念ですが、 安倍前首相に代わって菅義偉首相がトランプと上手く関係を作れるかどうかも不安だったので、 バイデンと菅義偉首相が良好な関係を持てることに期待したいと思います。 バイデン勝利で一番イライラしてるのは、 日本の立憲民主党やら野党とその支持者どもが、 さも自分達が勝ったかのようにバイデン勝利を喜んでいる事です。 いや、お前ら野党の支持率は微塵も上がってないからw と申し上げたいですねw