ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ジョギングしてた+アメリカ大統領選挙2020は不正だ!をダイレクト出版が取り上げた

じょぎんぐしてた。ダンベル持ってジョギングした。でも、昨日調子に乗りすぎて3週走った影響(?)などもあって1周+途中リタイアになった。距離3.8㎞+1㎞、タイム18:49、リタイア。

 

アメリカ大統領選挙2020は昔の台湾の不正選挙とよく似ている?

in.taiwanvoice.jp

大統領選挙の4日前、、、台湾で緊急の国家安全会議が開かれた。

 

 

その内容は、2020年アメリカ大統領選挙において、大規模な不正選挙が行われる可能性があることを危惧するものだった。一時的にでも、バイデン氏がリードするようなことがあれば、台湾はどのように対策をすれば良いのか?「中略」

 

そしてすぐに、蔡英文総統はこのような声明を発表した。

 

 

「われわれ台湾は、どの党の誰がアメリカの大統領になるとしても、台米関係は変わらない」

 

 

 

台湾の迅速かつ、正確無比な対応は圧巻です。しかし、、、

それにしても、なぜ台湾は不正選挙の可能性があるというのを予測できたのでしょうか?

それには昔の台湾のエピソードが関係していました。

 

 

*******

 

 

 

中国政府の息がかかった国民党 vs 中国から独立したい民進党の選挙

 

激動の選挙戦の末、投票は終わり、民主党の勝つという噂が。

 

選挙の投票が終わり、いよいよ開票の時間。

 

すると突然、、、

目の前が真っ暗に。

 

 

「停電だ!」

 

 

一時的にパニックに陥る人々

 

数分後、再び電気がつくと、明らかにすり替えられた投票箱…

 

その選挙を制したのは中国政府の息がかかった国民党だった…

 

 

他にも、

有権者は1万人なのに2万票が出てくる選挙区もちらほら…

投票率が200%になっているわけです。

 

もちろん国民党の勝ちです。。。

 

 

ちょっと待って下さい…

同じようなことが2020年の大統領選挙でも起きていませんでしたか?

 

ミシガン州をはじめとして、死者が投票していたり

・午前3時42分に143,379票の郵便投票がカウントされていたり

 

 

トランプさんもツイートしていましたね。

「中略」

台湾では選挙の集計はこのようにして行っています。集計する者を支配されるといけませんから、集計は公正に公開して行います。

 

その昔、スターリンもこのような名言を残していました。

 

「投票する者は誰も決定できない。投票を集計する者が全てを決定する…」

 

 

他にももっと、台湾が発信した情報はあるんです。

ただ世界中の国や日本が聞いてくれなかっただけで、、、

 

 

しかし、遅すぎることはありません。

2020年の大統領選挙を通して、一緒に振り返って見ましょう。

 

新大統領は世界をこう変える!林建良×藤井厳喜

 

台湾の事実上の警告を無視するな!中国政府のいわゆる野望を止めろ!!世界よ。

www.epochtimes.jp