ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

尖閣諸島問題

うっかり見逃した!
news.yahoo.co.jp

[深層NEWS]中国の海警法施行「軍事作戦の一環」「尖閣奪取の試み」(読売新聞オンライン)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

ぷにぷに

 |  

事は急を要する。中国は海警法を公布したことにより、本格的に尖閣諸島を奪いに来ている。今はまだ船が領海に侵入してきているだけだが、いずれは海警法を盾に海上保安庁の船を撃沈させてでも尖閣諸島に上陸を果たそうとしてくるかもしれない。一度上陸を許せば、竹島北方領土のように、取り戻す事は限りなく困難になるだろう。

↓確かに手を尽くしてないのに放置してるのはおかしい!

デタラメコメント

 |  

手を尽くして、それでもどうにもならなかった・・・というなら、まだ分かる

分かっていて放置するというのは、理解できない
領海侵犯したら注意を促す、の繰り返し

このいつまで経っても決着しない態度がそもそも問題

中国のこんな行為が許されるなら、国際法など、あってない様なもの

尖閣諸島の問題については、中国と日本だけの問題ではなく、領海侵犯という行為についての問題なので、国際的な場ではっきりと決着をつける必要がある

 

iso*****

 |  

中国が海警法を一段引き揚げて武器使用を許容したならば、我が国も緊急避難の解釈を一段引き揚げるべし。現行法では正当防衛・緊急避難のみ武器による反撃が許容されているが、緊急避難の基準は殊の外厳しい。僚船や同胞船が攻撃を受けても武器使用は認められていない。この部分を緩和すれば海保は僚船や漁船が海警に撃たれれば反撃か可能となる。中国の武器使用容認は海保が反撃できない事を見越した一種のブラフだ。海保が反撃できるようになれば、日本との武力衝突を望まない中国が先制して武器使用する事はないと考える。早急に法制面での対応が必要だ。特措法でも構わない。海保職員や漁民の安全を確保する上でも喫緊の課題であると思料する。

なそnsdo