ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

葛飾区議員によるカービー報道官による訂正発言批判。須賀総理がサッチャー首相のような覚悟を持ってないことも見破っているようだ!このままだと北京オリンピック2022が終わった後すぐ尖閣諸島を中国政府が占領するかもしれない。

ameblo.jp

国防総省のカービー報道官は、

尖閣諸島沖縄県石垣市)の主権に関する日本の立場を支持する」

とした発言を

「訂正したい。尖閣諸島の主権をめぐる米政府の方針に変わりはない」

「誤りを遺憾に思う。混乱を招いたことを謝罪する」と述べた。

 

カービー報道官は

「日米首脳による電話会談などで確認された通り、日米安全保障条約第5条に基づく、尖閣諸島を含む日本の防衛に対する米国の関与は揺るぎない」とか、

「一方的な現状変更を図ろうとする全ての行動に反対する」と述べ中国共産党を牽制しているが?

 

ややこしいが、

米国は尖閣諸島について、

日本の施政権を認めている。

だが、日本領とは明言せず、

主権に関しても日本と中国共産党双方どちらでもなく、

特定の立場を取っていないのだ。

日本は、

中国共産党尖閣諸島を侵略された場合には、

領土奪還のために軍事力を行使すると米国に通告すべきだ。

有事発生時には米国の制止など必要ない、即行動を行なう準備をして通告すべきだ。

 

有事発生時に在日米軍自衛隊と共に戦わない場合、

日本国民は在日米軍基地の存在を認めないだろうと、米国大統領に通告すべきである。

米国は日本を失えばアジアで覇権を失う。

日本は東アジアで孤立する用意があると知らせるべきだ。

お願いばかりではなく、日本領土を守る強い国家意志を示すべきだろう。

 

バイデンだろうが、

トランプだろうが、所詮他国の指導者だ。

日本の領土は日本人が守ることが基本だ。

米国に対しては、

アジアで最も日本を重要視するなら、米国は日本についてこいと言うべきである。

フォークランド諸島を奪還した英国サッチャー首相のようにだ。

 

日本の首相にサッチャー首相の覚悟があるか疑わしい。

これが最大の難関か?