ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

日本がアメリカによる開国要求を受け入れたのは兵器と技術が影響した?

なぜ、経済規模も小さいアメリカの言うままに
開国したのか
・日本と欧米の違いは二つしかなかった。
 すなわち、兵器と技術だ。
ここでいう技術とは、生産活動のための技術であ
る。より具体的に書くと、軍事革命産業革命だ。
江戸時代の日本が小国に「感じられ」、実際に
欧米に強制されるように開国、開港に踏み切らざ
るを得なかったのは、我が国が軍事革命も産業革
命も経験していなかったためなのだ。
アメリカの目的(というより「要求」)は二つ
一つ目が、アメリカ人が難破して日本に漂着して
しまった際に、母国に戻すプロセスを確定するこ
と。
二つ目は、アメリカが寄港した際に、石炭を売る
こと。

www.sil-ms.jp

日本には兵器と技術が足りなかったからアメリカによる開国要求を受け入れざるを得なかった!もしかしたらあえて受け入れたのかもしれない。兵器と技術を手に入れるために。これが日本を戦争への道へと追い込んだのかもしれない。

おまけ

truthofjapan.jp

日本人のほとんどは、単に「明治維新=開国=素晴らしい」
鎖国=閉鎖的=近代化の阻害」と、
単純な発

想で明治維新を美化している。

大河ドラマなどを見ていると、ドラマチックに描かれているので、英雄が歴史を動かしてきたように感じますが、歴史は英雄だけでは動きません。経済的な動きに英雄が乗っかることで、歴史が紡がれます。さらに、歴史とは過去の先人たちの生活であり、投資であり、経験と成長の蓄積です。なので、歴史を見る際には様々な「窓」経済や地政学、皇統やグローバリズムといった様々な窓からも見る必要があります。(中略」

しかし、一般的な史書は「単純な英雄物語か単なる出来事の羅列」で、その基盤たる経済的な要素などは、無視されているのがほとんどです。教科書の1,2行で語られるような歴史の中に、様々な思惑や意図、策略が詰まっているにも関わらず、です。結果的に、偏った歴史認識により、様々な誤解が生じ、その誤解が人々に共有されてしまうのです。明治維新もその内の1つなのです。(中略」

少し見直す必要があると思いませんか?

明治維新=革命的=開国=素晴らしい」のような、明治維新を美化するような歴史認識は、特に日本国民の「リセット思考」を相当に強化しています。だからこそ、今の日本における「抜本的な改革」なども支持されやすくなってしまうのです。

今回あなたにご案内する、「99%の日本人が知らない 明治維新の大嘘」を手にとって、真実の歴史を学べば、

  • なぜ、明治維新を間違った認識でいると危険なのか?~21世紀の日本と明治維新との共通点
  • なぜ日本が構造改革規制緩和、移民受け入れなどを推し進めてしまっているのか?~日本の小国という嘘がもたらした大罪
  • なぜ歴史を英雄物語だけで認識してしまっていると危険なのか?~大河ドラマでは見えてこない明治維新の裏側
  • なぜGHQ日教組、自虐史家たちが私たちを目隠しし、本当の歴史を隠し続けるのか?~左翼による日本ダメ論が儲けのネタとなる
  • なぜ明治時代や江戸時代が、これからの日本を作っていく上で最も参考になるのか?~仮想敵国から国を守るための教訓と日本の分岐路

などが分かるようになります

また、単純に歴史を知るだけでなく、現在の日本の政治や経済についても、全く違った視点から見ることができるようになります。歴史を見る際には様々な「窓」を通して認識することが大切です。ぜひ、この書籍から、何が真実なのか、明治維新とは何だったのか?明治維新が意味する本当のことは?今の日本で何が起きているのか?そして今後日本はどのような方向に進みつつあるのか?をあなた自身の目で判断し、確認してみてください。

独占公開 明治維新の大嘘

俺はクソ野郎・三橋タカシは好かん!だが、コーユーのは話は別だ!!!!納得いかざるを得ん!!

 

独占公開 明治維新の大嘘