ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

まいにちジョギング

こんばんわ、ジョギング終えてイラスト描いてたゆーやです。まいにちジョギングしてます。今日もジョギングしました。途中雨降ってました。すぐやみましたが。3周走りました。タイムは15:45,18:25,18:35でした。4周目行こうとしましたが、体が拒否したためやめました。明日寒くなるから4週いこうと思ってたのに。


あごひげ残してきれいにしました。かっこいいでしょ?

File:Gobuster title card.png
明日ごーバスターズだ。デモ見ない。

 

おまけ

 

【産経抄】12月22日

2012/12/22 03:22

 

 

 やっぱり世界は、きのうで終わらなかった。ユカタン半島を中心に栄えた古代マヤ文明の暦が、2012年12月21日で一区切りついているとされ、きのうが「世界終末の日」になる、とのデマがネットで世界を駆け巡った。本気にしたヒトも結構いたんだとか。

 ▼中国では、「世界が終わる」と信じてしまった男が包丁を振り回して児童ら23人に切りつけ、終末論を触れ回った宗教団体のメンバー多数が拘束された。米ミシガン州では、26人が射殺された銃乱射事件の便乗犯が21日に出かねないと多くの学校が休校になった。

 ▼幸いにして日本では、デマを信じたヒトは少なかったようだが、終末論がはやった苦い過去がある。高度成長に陰りが見え、オイルショックが日本を襲った昭和48年秋、『ノストラダムスの大予言』が大ベストセラーになった。

 ▼1999年の7の月に世界が滅びる、とノストラダムスが書いてもいない予言を作者が「創作」したトンデモ本だったのだが、当時誰もまともに批判しなかったのが悪かった。大人はともかく、かなりの小中学生が真に受けてしまったのだ。

 ▼彼らが長じたころ、このトンデモ本に目をつけたのが、オウム真理教の麻原死刑囚だった。さらに勝手な解釈をつけて信者の不安をあおり、地下鉄サリン事件に行き着いた。