ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

辺野古判決は異例と運命(?)の判決決着

関連記事

辺野古裁判 沖縄県が敗訴

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相沖縄県の翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、国交相側の請求を認め、県側敗訴の判決を言い渡した。 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分をめぐり、知事の対応を「違法」と判断した。 国と県が対立する普天間問題で初の司法判断となり、今後の議論に大きく影響するのは必至だ。訴訟は最高裁まで争われる見通しで、早ければ年度内にも判決が確定する。

http://news.goo.ne.jp/article/okinawa/region/okinawa-48876774.html

 

f:id:davidsunrise:20160916190713p:plain

辺野古訴訟「早く片付けて」=鶴保沖縄相

 

 「注文はたった一つ。早く片付けてほしいということに尽きる」「国と地方が裁判し合っているという状況は、決して正常な喜ばしい事態だとは思わない」「それぞれが譲歩し、納得する形で決着をつけていくのが道筋だ」

 

上記の記事で鶴保庸介沖縄担当相の16日の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟について

 

敗訴した翁長知事の最高裁上告を取り下げてほしいとの発言とも取れる?