ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

小林よしのり版北朝鮮ミサイル論

2017.09.15(金)

なめられた国・日本を変えよ

 

7時過ぎからテレビが北朝鮮のミサイルが発射されましたと速報を流している。Jアラートというやつらしい。

こんな朝早く建物の地下に移動せよとか、窓の傍から離れよとか言われても、どうしようもない。
ミサイルが途中で壊れて破片が落ちてきたら、運が悪ければ屋根を貫いて大事故になるだけだ。

まるで戦時中みたいに全テレビ局がミサイルが来ると危機を煽っているから、本当に戦争になったら、こんな速報が頻繁に流されるのだろうとうんざりする。

成層圏の上を飛んでいくのかもしれないが、そもそも日本の頭上に飛ばすと言うだけで、もう戦争行為を行なっているようなものだ。
普通ならこれが宣戦布告だと捉えてもおかしくない。
ただちに報復しても構わないのだ。 

だが、どうせ政府は「厳重に抗議する」「最大限の言葉で抗議した」などと言うだけで、北朝鮮の「日本列島を海に沈めてやる」という言葉よりは絶対に軽いだろう。

軍隊がない国なのだから、いくら挑発されても、アメリカの意向次第でやることがない。
軍隊がない国はなめられて当然。 

こんなときに、よく憲法9条に自衛隊を明記するだけなどと呑気なことを言ってるものだ。
108日の「ゴー宣道場」では、日本で最先端の議論を行なおう。
基調講演は今、全国的に話題の弁護士・倉持麟太郎だ。
なんとも刺激的、挑戦的な状況設定ではないか。
今からワクワクする。

なめられた国・日本を変えよ

 

俺も条件付きなら考えてもいいが