ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

高森のいい集団的自衛権と悪い集団的自衛権

www.gosen-dojo.com

国際法上、「自衛権」は当然ながら、
独立国ならどの国にも等しく認められている。

その自衛権は、「
個別的自衛権」と
集団的自衛権」によって構成される。

普通、
個別的自衛権のみを認め、
集団的自衛権が排除されるような事はない。

しかし、
わが国の場合はどうか。

憲法の制約(具体的には9条2項の「
戦力不保持」規定)
があるので、軍隊を持つことが出来ない。

個別的自衛権(!)すら十全に行使できない。

その為に、
米軍の戦力を「絶対的」に“必要”としている。

この事実がある限り、アメリカに「絶対的」に
“依存”
せざるを得ない。

アメリカに「絶対的」に依存している以上、
アメリカに「絶対的」に“従属”する他ない。

つまり、
残念ながら、現在のわが国は紛れもなく
アメリカの事実上の「
属国」。

独立国(!)なら個別的自衛権集団的自衛権も、
共に備えているのが当たり前。

しかし、
憲法によって個別的自衛権さえ
制約されているわが国の場合、
他国とは事情が違う。

同じく憲法の制約によって集団的自衛権は行使できない、
というのが長年にわたる政府の公式の憲法解釈だった。

これはこれで筋の通った解釈だろう。

ところが、
先の安保法制によって、
個別的
自衛権への制約はそのまま
(従って、対米依存=従属もそのまま)

新たに集団的自衛権の行使を“部分的”に認める事になった。

属国でアメリカに「絶対的」に従属した“まま”、
集団的自衛権に踏み込んだのだ。

これは危険極まりない。

集団的自衛権の名目で、
アメリカの“正義”
の戦争に果てしなく駆り出されるのを、
避けられなくなるからだ。

「戦力不保持」規定を“死守”する自衛隊「加憲」も、全く同じ。

むしろそれを固定化するだけだ。

集団的自衛権自体が、そのまま「
良い」のでも
「悪い」のでもない(勿論、
過去にはそれが悪用されたとしか
思えない事例もしばしばあったが
)。

個別的自衛権すら制約されて、
真の自主独立を未だに回復できていない属国が、
あえて集団的自衛権に踏み込む本末転倒こそ、
限りなく危険ーという話だ

 

良い集団的自衛権、悪い集団的自衛権 - ゴー宣ネット道場

集団的自衛権は封印する - ゴー宣ネット道場

だから立憲主義改憲(9条に自衛権明記)をするしかないのだ!アメリカ合衆国の犬から解放されるためにな↓

高森氏が憲法案には「集団的自衛権」を入れると言った件に

ついて議論して、真意は聞いたので、自ら説明してくれるだろう。

 

わしは今回の「立憲的改憲案」では、自衛隊ではなく、

自衛権」を明記して、「個別的自衛権」の拡充をやれば十分

満足だ。

集団的自衛権は封印する。

 

日本が集団的自衛権を行使するときの相手国は米国しか想像

できないし、米国を信用できない。

米国は必ず戦争をする。しかも侵略戦争をする。

 

相手国は中国ではない。米国は中国とは戦争しない。

尖閣諸島は日本が個別的自衛権で守るしかない。

 

米国が一番、戦争する蓋然性が高いのは、中東である。

日本は中東の戦争には絶対に関わってはいけない。

だから集団的自衛権は封印する。

それがわしの考えだし、山尾志桜里議員にもそこは守って

もらう。

 

9護憲派は「集団的自衛権」を容認した現憲法のままで

いいそうだ。

だったら何で安保法制のときに反対したんだ?

護憲派は第5中東戦争に巻き込まれたがっている。

しょせん護憲派は安倍政権と同じ対米従属派だから信用

しない。

 

真の平和主義は山尾議員の「立憲的改憲」を支持する者

だけである。

ブログ-よしりんの「あのな、教えたろか。」 - ゴー宣ネット道場

 

davidsunrise.hatenablog.com