ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

白井聡版日本はアメリカの犬だ!論

president.jp

 

日本は世界に類を見ない特殊な「対米従属」の国である。なぜそこまでアメリカを尊重するのか。それは戦後の日本が「天皇の上」にアメリカを戴くという形で、「国体」を生き延びさせたからではないか――。政治学者・白井聡氏は新著『国体論 菊と星条旗』(集英社新書)でそう喝破した。なぜそうした確信に至ったのか。白井氏に聞いた――。

「日本を愛してくれるアメリカ」という幻想

――まず『国体論 菊と星条旗』というタイトルが衝撃でした。ふだん「国体」について考えていない日本人が多いと思います。なぜこのタイトルを。

ごく一般的に「国体」といえば、万世一系の皇統のことですよね。「国体」を護持するために命を捧げよ、という価値観に戦前の日本社会が覆われていたのは周知のとおり。敗戦をはさんで、戦後の日本では「国体」は死語同然となった。しかし、「国体」が本当に棄却されたなら死語で構わないのですが、じつは形を変えて存在する。これが重要なのです。占領をきっかけにアメリカが「国体」システムの中に入り込むことで「国体」は生き延び、今やアメリカが「天皇制」の頂点に立つものとなっている。<菊>を頂点としていた「国体」は、<星条旗>を戴いて戦後も生きているのです。

その結果が、世界に類を見ない特殊な対米従属です。日米関係において「思いやり予算」「トモダチ作戦」などエモーショナルな用語が繰り返し使われるように、「日本を愛してくれるアメリカ」という幻想がふりまかれてきました。それらは、支配の現実を否認するための方便なのです。

この「支配の否認」というゆがんだ心理構造の起源は、戦前の「国体」の概念を考察することで見えてきます。それによれば、天皇と臣民の関係は親密な「家族」であり、そこに支配は存在しない。そのように、支配の現実を否認させたのが戦前の「国体」ですが、戦前に作られた日本人のゆがんだ心理構造が横滑りするかのように、アメリカを頂点とする「戦後の国体」においても働いていて、それが日米関係を不健全なものとしているのです。

その影響は対外関係にとどまりません。支配を否認している限りは、自由への希求も、抵抗する知恵も生まれてこない。つまり、「国体」のなかに生きる人間は「自己満足した愚かな奴隷」になるわけで、このような国民がまっとうな社会を作れるわけがありません。経済にせよ、政治にせよ、今の日本の末期的状態の根本原因はここにある。だからこそ、今、「国体」を問う意味があるのです。「中略」

人々を愚鈍にするシステムを150年続けてきた

――最近の北朝鮮の核をめぐる東アジア情勢の劇的な変化などみていると、日本は一人、取り残されているのが露呈しています。

まったくのみそっかす。こんなバカな国には国際情勢の重大な次元に関わらせるべきでないというのが現実です。

なぜ、日本がここまで堕ちていったのかというと、「国体」という人々を愚鈍にするシステムを150年続けてきたからです。支配を否認させるのが、「国体」ですが、さっきも言ったように、支配と向き合い、抵抗するところからしか、知性は生まれない。支配を否認させる「国体」のせいで、幼稚で愚かな状態に落ち込んでしまったのです。

――近代の歴史を知らねばならないということですね。『国体論』では大きな歴史の見取り図が描かれています。

大きな見取り図から見ないと、歴史の因果関係がわからないのです。大きな“風呂敷”でくるむように捉えることで現実の見え方が違ってくると思います。

アメリカを頂点とする「国体」による弊害は、政治や社会のあらゆる場面でひずみとなって表出している。「この先の日本に待っているのは2度目の破局かもれしない」と白井は言う。それを回避するのは、品位のある知性しかない。それには近代の歴史を知り、学ぶことだと強調する。「国体」の抱える欠陥と向き合うことは、日本のこれからを切り開くための鍵なのだ。

 

「まったくのみそっかす。」?生ぬるいわ!「虫けら」だのほうがあってるわ!!白井聡!!!!!まあ、亜米利加の犬から脱出すべきだってことはわかったがな。

mainichi.jp

www.nikkan-gendai.com

dot.asahi.com

book.asahi.com

 

神戸新聞NEXT|全国海外|エンタメ|『国体論』白井聡著 天皇制に代わる対米従属