ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

gendai.ismedia.jp

米中貿易摩擦アメリカのTPP離脱など貿易をめぐる衝突が続くなか、『世界経済入門』の著者・野口悠紀雄氏は、FTAやTPPが自由貿易と混同して語られることに警鐘を鳴らします。本書より、「自由貿易とは何か」を基本から徹底的に解説した第3章の一部を掲載します。

「仲良しクラブ」は望ましいのか

国の世界に対する態度として、つぎの3つを区別しましょう。

A:引きこもり主義(可能な限り鎖国政策をとる)

B:「仲良しクラブ」の結成(FTAEPAEUなどの地域統合

C:すべての国と分け隔てなく付き合う(自由貿易主義)

Bの「仲良しクラブ」とは、メンバーが限定された集まりです。具体的には、これから
述べるFTA自由貿易協定)やEPA経済連携協定。TPP〈環太平洋パートナーシップ協定〉など)といったものが該当します。

また、EUのような巨大な地域統合もこのカテゴリーに属します。クラブのメンバーの交流を盛んにするためにさまざまな措置を取ります。ただし、クラブの外との関係はこれまでどおりです。だからこれは、Aを一国から数ヵ国の集まりに拡大したものだと解釈することができます。

問題は、Bが望ましい方向かどうかです。日本の多くの人は、「仲良しクラブの約束を
受け入れないのは、引きこもり主義だから、望ましくない」と考えています。しかし、「世界に開かれた国」とは、本当はCの方向を取る国です。

もちろん、Cの実現は簡単ではありません。では、「BはAよりはCに近いからよい」
と言えるでしょうか。これは、「関税同盟の理論」として経済学で古くから議論されてきたテーマです。その結論は、「Aより悪くなることもある」というものです。「中略」

仲良しクラブは、EUの場合に典型的に見られるように、巨大化した組織を運営するた
めに必然的に巨大な官僚システムを生みます。この支配を受けたくないと考えるのは、当然です。

FTAやTPPは、貿易自由化協定でなくブロック化協定

Bで中心となるのは、FTAやTPPといった地域協定です。

FTAとは、参加国が関税や輸入割り当てを撤廃したり削減したりする協定です。

TPPは、環太平洋地域の国々による経済連携協定EPA)です。

FTAやTPPは貿易自由化の協定であると考えられています。しかし、これは大きな
誤解です。

これらは、自由化ではなく、自由貿易の原則に反するブロック化協定です。その点
で、先ほど挙げた分類では、CではなくBに該当します。FTAやTPPは、経済学では「関税同盟」と呼ばれます。

経済圏やブロック化協定、関税同盟は、自由貿易と混同されています。いくつかの国で
集まって、その域内では関税を引き下げ、または撤廃しようとするものだからです。

FTAやTPPを評価するにあたって、自由貿易との区別が最も重要な点です。

こうした協定が協定加盟国間の貿易を促進することは、言うまでもありません。しか
し、関税同盟は、域外諸国との間に関税障壁を設けています。したがって、それまであった域外国との貿易を縮小させるという効果も持っています。

TPPの場合には、中国が除外されるため、中国との貿易が縮小するという可能性
が、日本経済にとって大きな問題となるのです。

 

TPPもFTAも、日本の「真の開国」を阻む閉鎖的クラブにすぎない(野口 悠紀雄) | 現代新書 | 講談社(1/4)

世界に開かれた日本をめざせ

TPPはもともと経済的な取り決めというより政治的な取り決めで、中国の太平洋圏へ
の進出を抑止するのが目的です。中国はそれに対抗し、独自の経済圏を形成しようとしています。その手段が、中国が主導する国際金融機関AIIB(アジアインフラ投資銀行)の設立です。

日本の将来にとって最も重要な貿易相手国は、好むと好まざるとにかかわらず、中国にならざるをえません。ところが、TPPは、中国を排斥する「仲良しクラブ」です。その中に入ることの危険性を、われわれは真剣に考え直すべきです。

日本にとって必要なのは、TPPやFTAのような閉鎖的クラブを結成してブロック化
を進めることでなく、国内既得権益集団の抵抗を排して、人材と資本の面で日本を世界に向かって開くことです。つまり、BからCへと貿易政策を改めることが必要なのです。そのために、日本は具体的に何をすべきでしょうか?

それは、農業と人材・資本面での開国をはかるということです。これは、FTAやTPPで行なうようなことではなく、日本が自ら行なうべきことです。これは国内の政治問題ですから、日本が一方的に自由化すればよいのです。農業が開国できないのは、農業
や農家のためでなく、それを票田とする政治家がいるからです。そして、農林水産省や農協があるからです。

TPPもFTAも、日本の「真の開国」を阻む閉鎖的クラブにすぎない(野口 悠紀雄) | 現代新書 | 講談社(4/4)

少なくとも野呂べはわかってないな野呂べは。