ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ビジネスジャーナルによる安田順平バッシング論

wezz-y.com

 

10月25日に帰国した安田純平氏だが、3年4カ月にわたる拘束を経て無事に帰ることができたのを喜ぶ声がある一方、案の定出てきたのが、彼の「自己責任」を問う声だ。

 先日、wezzyでも取り上げたが(安田純平氏が「謝罪」を要求されても応じなくていい理由)、高須クリニック高須克弥院長はツイッターで<この人には敬意ははらえません。兵士ではない。兵士ならば敵に媚びる捕虜だ。出でくるときは定番の作法を守ってほしい。まず「恥ずかしながら・・・」と謝りなさい>と糾弾した。

 タレントのJOYも同じくツイッターで<安田純平さんが解放。この人に批判が集まるのは過去の発言や態度からすると仕方ないのかな。拘束も何度もされてますし。日本政府じゃないにしても、テロリストに身代金が払われてるわけで、結果的にそれが彼らの支援金になる。命が助かったのは本当によかったけど、そのお金が脅威も生みますね>とつぶやくなど、安田純平氏の「自業自得」を責める声は著名人からも飛び出した。

 そういった声は日増しに高まっている。10月28日放送『サンデー・ジャポン』(TBS)では、安田純平氏がかつてツイッターに投稿していたシリアへの渡航を厳しく制限する日本政府への揶揄を挙げながら、西川史子が<(安田純平氏は)『チキン国家』みたいなことを(ツイッターで)言っていて、(捕まったら)結局、日本の政府のお世話になっているっていうのは、自己責任っていうなかで間違っているんじゃないかなと思いますね>と発言。

 また、挙げ句の果てには、陰謀論まで飛び出している。同28日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)のなかで、松本人志は<『良かった、良かった』で僕はいいと思います>と、安田氏の解放を喜ぶコメントをする一方で、現地で取材をするようなジャーナリストのなかには「プロ人質」がいるとでも言わんばかりの話にも及んだ。「中略」

ジャーナリストがいなければ危険な地域の本当の姿はわからない

 安田純平氏の行動は、「国民の命を守る」という国が担うべき最低限の責務すら受けられなくて当然なほど罪なことなのか? そもそも、邦人保護は犯罪者であろうとなんであろうとどんな人も受けられて当然な国の義務だが、その議論は置いておくにしても、戦場ジャーナリズムの仕事が為す社会的な役割はとても大きくかけがえのないものだ。

 2018年10月24日放送『Session-22』(TBSラジオ)でジャーナリストの神保哲生氏は、安田氏のような人たちの仕事がなければ、そもそもこのような議論すら成り立たないぐらいのわずかな情報量で、中東などの混沌とした国際情勢を把握しなければならなくなってしまうと主張した。

<『あんな危ない所になんで行くんだ』というふうに言って、だから、『行ったことは間違っている』という言い方をするんだけど、じゃあ、『あなたはなんでそこが危ない所だと知っているんですか?』っていう、それに尽きるんですよこの話は。誰かが行って、見て来てるから、危ないということがわかっている>

 

しかし、直接的に安田氏に「自己責任」を被せなくとも、危険な地域まで直接出向いて取材することに対する疑問の声はある。

 たとえば、テレビ朝日小川彩佳アナウンサーは、2018年10月25日放送『AbemaPrime』(AbemaTV)のなかで、<現地に赴かないと埋もれてしまう声があったりですとか、葬り去られてしまう現実が、もしかしたらある>として、「中略」<自己責任っていうふうにこちらから断罪してしまうのは覚悟のいることだと思いますし、それはちょっと私はできないんですけれども>と語りながらも、このように発言した。

<いまはかつてのロバート・キャパの時代からずいぶん変わってきていると思うのは、情報発信というのが色々な人ができるようになっているわけですよね。現地の人だって、たとえばスマホ1本で発信できるこの時代に、現地の遠い国から赴いて、そして情報をとってくる、その戦場ジャーナリストと呼ばれる方々のもってくる情報の意味合いだったり、質というのはますます問われてくるんじゃないかなと思います>

 ロバート・キャパは、スペイン内戦や第二次世界大戦の取材で知られる戦場カメラマン。小川アナは、ツイッターなどを通じて誰もが情報を発信できるようになったいまの時代では取材のやり方にも変化があるはずで、そういう状況下では大きなリスクを冒してまで現地に飛び込まずとも、別の取材方法があるのではないかとコメントした。

 ただ、本当にそうなのか? 元日経BP社の記者で、現在は東京工業大学でメディア論を教えている柳瀬博一氏は『AbemaPrime』で小川アナの疑問に対し、そう単純に事は運ばないと応じている。

<いまはスマートフォンで色々なところから発信できる。ただし、それっていうのは一方で、簡単に操作できてしまうんですね。偽の情報を流すのも簡単だし、そうしたときに第三者的な国からジャーナリストが行って、検証するというのは、いまむしろ僕は非常に重要だと思っています>

 このような共通認識は国際的にはごくごく当然のものとして市井の人々にも共有されている。このように「自己責任」がかまびすしく叫ばれる状況が続けば、日本のジャーナリズムは衰退し、国民の国際感覚はますます失われていくだろう。

(倉野尾 実)

(2ページ目)安田純平氏へのバッシング過熱、「スマホ1本で発信できる時代に」戦地へ行くことは愚かか - wezzy|ウェジー

 

まさか陰謀論言ってくるあほいるとはお思ってなかった!!!!のろべ総理の犬メディアが多くなったうえに自己責任論をかましてる虫けらどもが多すぎる!!!!!だから報道の自由ランキングが低すぎるのだ!!!!!自己責任論をかましてる虫けらどもに喝を入れろ!!!!!